進学塾ジーク ブログ

進学塾ジーク代表による、塾生・保護者の方への連絡(とその他もろもろ)を中心としたブログ

学力テスト結果

先週、中学生全員に「学力テスト成績表」を配布しました。今回から中1生が初参戦、また、中2・中3生も新たに1名ずつが初受験でした。

 

いつものように、偏差値の基準は以下の通り。

自校作成校を希望する者     ...偏差値60台後半~70以上

サンキタ+日野台を希望する者  ...偏差値65前後

上記以外の都立高を希望する者  ...偏差値60以上

 

今回の3科の平均偏差値は58。学年別の偏差値60以上の人数は...中1が1名、中2が6名、中3が6名でした(偏差値65以上となると...中2が2名、中3が2名)。

全体的にまとまっていたのは中2。中3は...前回と比べて今回は軒並み偏差値が下がりました(涙を流した生徒も)。中3になってから俄然勉強し始めた生徒がゴマンといることを痛感したことでしょう。ちょっとしたミスや少々の勉強量の低下で、こうも簡単に偏差値が下がるわけです。ま、これが入試本番でなくてよかった...と思って、8月末のW模擬では大幅アップを実現させてください。なお、今回の結果で志望校変更を考える必要は(まだ)ありません。念のため。

中1は、偏差値のあまりの低さに驚いた人も多かったのではないでしょうか。定期試験もそうですが、自分では「勉強した」と思っていても予想より点数・偏差値が低くなりがちです。その時に「こんなはずじゃない。たまたま悪かったんだ」と思うのと、「今以上に勉強しなければいけない」と行動を変えるか...では、1年後の成績が雲泥の差になります。大事なのは、現時点での「立ち位置」を認め、中学生に相応しいレベルで勉強するよう行動を変えることです(最低限、指示されたことはやって下さい)。

 

 

<偏差値10以上UP>

【国語】  中2女子 前回比+12

      

<偏差値5以上UP>

【英語】  中3女子 前回比+5

      中2男子 前回比+5      

【数学】  中2男子 前回比+9

【国語】  中2男子 前回比+6

      中2男子 前回比+6

     

自力で問題を解くことが「できる」ようにするには...

授業を受けたときは理解できたのに(問題が解けたのに)、テストでは問題が解けない...という人へ。

 

自力で問題を解くことができるようにするには、どうすべきか。

それは...

 

 

自力で(すらすらと)解けるようになるまで反復し続ける

 

 

身も蓋もない言い方ですが、それしか方法はありません。なにか、一発でズバッと出来るようになる方法...なんてありません(←成績が上がらない生徒に限って、コレを求めがちです)。学年が上がる(特に中3は)ほど、特に数学では「このパターンの問題は、この手順で解く」というような解法を教えていきますが、それだって、自力で解けるようになるまで(例題・類題を)何度も何度も(時間をあけて)反復していくことで「自分のモノ」になります。

単語・漢字・用語(理社)・年号などなど...暗記モノも然り。いかなるタイミングで質問されても、いかなる順番で質問されても(すらすら)答えられるようにするには、ただ単に暗記すればいいわけではありません。何度も何度も(時間をあけて)自分でテストしなければなりません。また、覚えた順番でテストするだけでなく、逆からテスト・偶数番&奇数番だけテスト...などなど、あらゆる角度からテストをするんです(←同じようなことを今までも書いていますが、それは未だやっていない人がいるということ)。ちなみに私は...夜に単語・英文練習をしたら、日本語の意味・日本文を紙に書いて机上に置いてから寝ていました。で、朝起きたらすぐに机の前に座り、その紙を見ながら単語・英文が書けるかチェックしていました。最低でもその程度は徹底してもらいたいものです。

 

特に...中学受験をしていない中1生は、この点がまだまだ甘い。

とりあえず「復習(のようなもの)」をやっているだけの人もいますし、なんのために復習をするのかが分かっていない人もいます。このような人は「復習をしろ」と言われたから「形だけ」やっているだけで、「自力ですらすら解けるようにする」と本気で考えていません。ですから、指示されたようにもやろうとしません(あくまで自己流)。そのため、たとえ机の前に長時間座っていても...できるようにはなりません。すると「こんなに勉強しているのに...」となって「やっても無駄だ」となってしまいます(明らかに「勉強していない」人がいますが、そんな人は論外です)。

 

そうならないためにも、自分の勉強量・内容を見直して下さい。

 

大学合格実績2017(進学指導推進校)

進学指導特別推進校に次ぐのが進学指導推進校。

現在、武蔵野北・小金井北・調布北・日野台・豊多摩・北園・三田・竹早・墨田川・城東・小松川・江北・江戸川の13校が指定されています。このうち、墨田川がグループ作成校である以外、すべて共通問題校です。勿論、東村山から(現実的に)通学可能な範囲は限られるので、選択肢に入るであろう5校の実績をまとめました。

 

      難関4大学   国公立大    早慶上理    GMARCH

武蔵野北   2(0)    35(41)   72(59)   327(276)

小金井北   2(1)    46(25)   59(51)   245(233)

調布北    0(0)    34(18)   28(25)   165(161)

日野台    0(0)    46(29)   59(37)   242(262)

豊多摩    3(0)    29(28)   63(43)   190(175)

 

武蔵野北は国公立大は数字を落とした以外は、数字を伸ばして安定した実績が続いています。昨年、前年比で早慶上理2.4倍・GMARCH1.7倍とした小金井北が、今年は国公立大を1.8倍と増加させてきました。一方、サンキタ(武蔵野北・小金井北・調布北)の一角である調布北は水をあけられています。が、国公立大で前年比1.9倍としていますので、今後に期待...というところでしょうか。

都立中・都立高 入試日程

来春の都立中・都立高入試日程が決定しました。

都立中は今春同様に2月3日、都立高(一般入試)は今春より1日前の2月23日。2月3日・24日ともに土曜日のため、都立中・高とも1日前倒しになると思っていましたが...都立高だけが前倒しとなって、都立中は土曜日に実施するんですね。

小6生に残された時間、約7.5ヶ月(234日)。中3生に残された時間、約8ヶ月(254日)。月並みな言葉ですが...あっという間です(←受験を経験した人だけが分かります)。時間を無駄にしないようにして下さい。 

 

【都立中入試】

 ◎願書受付 1月10日(水)~16日(火)

 ◎入試日  2月 3日(土)

 ◎合格発表 2月 9日(金)

 

【都立高入試】

<推薦入試>

 ◎願書受付 1月23日(火)

 ◎入試日  1月26日(金)・27日(土)

 ◎合格発表 2月 1日(木)

<一般入試>

 ◎願書受付 2月 6日(火)・7日(水)

 ◎入試日  2月23日(金)

 ◎合格発表 3月 1日(木)

中1へ(中2の一部も) 定期試験について

全員、定期試験勉強を本格的に始めていることでしょう。

今現在、日々の勉強量が普段と変わらないようでは...定期試験勉強をしていることにはなりません。指示していることを本気でやろうとすれば、毎日2時間では終わらないはずですし、土・日曜は6~7時間かける必要があるでしょう(いつも言っていますが...あくまでも勉強は「量」です。時間をかければ良いということではありません)。

中1は(中2で5科450点以下の人も)配布済みのプリント通りに実行して下さい。勝手なアレンジは許されません(私が考えている以上の量・質・時間となっているならばOKですが、勝手に自己流でやる人は「私が考えているには程遠い(試験勉強とは呼べない程度の)量・質」で「勉強した気分」になっている人がほとんど)。

 

中1については、授業で扱っていない「理科・社会」が心配です。下記内容を熟読して「即行動」に移して下さい。また、中学校ごとに「チェック日」を指示しましたので、その日までに理科・社会の暗記を完了させること。 

 

【理科・社会】

必ず「定期試験用ノート」を作成すること。その際、授業ノート・学校で配布されたプリント・教科書・資料集などを駆使して作成すること。教科書・プリントを読むだけでは「完璧にインプットされません」。自分の手で図や地図などを書いていくことで頭に入ってきます(ノート作成に時間をかけすぎないことがポイント)。ただし、ノートを作成したからOKとはなりません。それらを完璧に暗記することの方が重要です。完璧に...とは、どんなタイミングで質問されても、どんな順番で質問されても「即答できる」状態です。自宅であれば家族の方々に協力してもらう必要があります。

その後、学校提出用のワークを反復すること。問題を解いてみると「暗記し切れていない点」や「暗記できているが、その知識を使いこなせていない点」が分かります。1回転目でミスが多くても構いません。とにかく(問題も覚えてしまうくらい)反復して下さい。直前1週間は教科書ワーク(塾で購入したもの)を同じように反復すること。反復回数が多ければ多いほど点数が上がります。

 

なお、国語についても書いておきます。

【国語】

定期試験の「国語」は読解力勝負ではありません。試験範囲の本文がどれだけ頭に入っているか、で決まります。日々、本文を10回音読し続けること(論説文ならば、指示語とその指し示す内容、接続語に着目しながら読む)。また、漢字・文法なども完璧に暗記すること(日々反復)。

 

大学合格実績2017(進学指導特別推進校)国分寺の数値が発表されました

今春の大学合格実績。今回は進学指導特別推進校。

進学指導特別推進校には、国分寺・新宿・小山台・駒場・町田・国際の6校が指定されています。このうち、国分寺・新宿がグループ作成問題校(英数国)、国際は英語のみが自校作成問題、小山台・駒場・町田が共通問題校です。

 

 

      難関4大学   国公立大       早慶上理      GMARCH

国分寺    8(13)   114(106)  106(100)  304(322)

新宿    18(11)   118(120)  181(196)  353(377)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

小山台    5(6)    115(97)    79(88)     303(270)

駒場     3(0)     78(86)   111(119)   314(441)

町田     4(3)     54(56)    59(56)     263(240)

国際      (2)       (32)     (137)       (119)

 

※国際はいまだ学校側からの発表がないため昨年実績のみ。 

※数字は現役・浪人の合計数、( )内は昨年実績

 

新宿の難関4大学(東大・京大・一橋・東工大)・早慶上理の実績は、立川・八王子東と遜色ありません(国公立大計では多少開きがあります)。国分寺は、難関4大学については数字を落としましたが、国公立大計・早慶上理では3ケタを確保しています。共通問題校では(距離的に選択肢には入らないでしょうが...)小山台。共通問題校で国公立大3ケタは立派です。

 

中3 本日の内容

【英語】

It is…to~構文。板書した例文を暗記(音読しながら手を動かす)するのは勿論、意味上の主語を表す前置詞forとofについては理屈もしっかり押さえて(説明できるよう)、書き換えの可否も頭に叩き込むこと。宿題は59ページ大問23・60ページ大問1。また、木曜日には「単語1級82~120」と「不定詞・動名詞の英文(本日配布分)」のテストを実施します。修学旅行で本日欠席した人は、振替休業日となっている火曜日に早めに来てくれれば、上記内容の補講をします。

 

【社会】

国会について。いつも伝えていることですが、板書・授業内容のみを復習するのではなく、テキスト等を駆使して「しっかりと補強」したうえで頭に叩き込むこと。来週土曜日にテストします。

 

なお、数学について...火曜日に平方根のテストを実施します。平方根の計算をスラスラできないようでは二次方程式に進めません。しっかりと準備しておいてください。