進学塾ジーク ブログ

進学塾ジーク代表による、塾生・保護者の方への連絡(とその他もろもろ)を中心としたブログ

保護者会

保護者の方々へ

9月に入りましたら、各学年ごとに保護者会を実施致します。

保護者会のご案内は、9月授業料のご案内と合わせて書面にて5期(中2は6期)に配布しますので、ご確認をお願い致します。なお、日程は下記の通りです。

宜しくお願い致します。

 

【保護者会 学年別日程】

小5 9月 8日(土)14:00~15:00

中1 9月15日(土)14:00~15:00

中2 9月15日(土)12:00~13:00

中3 9月 8日(土)12:00~13:00

 

公式ツールを導入します

生徒と保護者の方々へご連絡です。

当塾では、9月より「進学塾ジーク 公式ツール」を導入することにしました。

 

これは、下記機能がスマートフォンをはじめとする携帯電話で操作できるものです。

例えば…

★保護者(三者)面談の空き状況確認&予約

★自習の空き状況確認&予約(←強制の場合有)

掲示板機能による全体告知

★チャット機能による個別告知

…のような機能が利用可能となります。

 これまでの文書によるご案内はすべて公式ツールで実施します(一部を除く)。これによって、生徒から保護者への渡し忘れ・紛失を防止するとともに、例えば面談予約等はその場でスマートフォンで可能となるため大幅な時間短縮となり利便性も高くなります。また、従来その都度のご報告ができなかった、確認テスト(単語・漢字等)の点数についても、チャット機能を利用して報告してまいります(勿論、生徒本人とその保護者以外は閲覧不可能)。特に保護者の方々(勿論、生徒本人も)への利便性が高くなると判断して導入を決断しました。

明日以降、授業料のご案内とともに、まずは文書にてご案内します。ご確認をお願い致します。その後、9月に予定している保護者会で詳細をご案内致します。

宜しくお願い致します。

 

 

夏期講習も半分以上が経過

夏期講習も半分以上消化しました。

 

特に受験生は、これを「半分消化した」とみるか「すでに半分も消化してしまった」とみるか...で大きく異なります。

 

前者であれば…日々実力がついていることを実感できているはずなので、充実した1~4期だったことでしょう。それが遅かれ早かれ「数字」となって現れるはずです。期待しています。

後者の場合...マズいです。9月以降はここまでのボリュームを集中的にこなせる時間が物理的にありません。とはいっても、もう過ぎたことをグダグダ考えても仕方がありません。が、現状のような姿勢・態度では消化しきれていないことは認識するべきです。そして、それが現状の立ち位置となっていることも。そのような人は、どこかで(覚えることが多いから)確認テストで満点がとれなくてもいい...と思っているように見えて仕方がありません。その程度の点数にすら執着心をもてない人は、入試本番で点数を取り切ることは不可能です。ほどほどの努力で合格を...とお考えのようですが、現状の内申や偏差値を考えてみてください。土台無理な話です。

もっと数字に執着心を持つこと。妥協しないことです。そして、すぐにでもギアを上げて下さい。

 

 

小5・中2 振替について

台風(とはいっても十分授業ができましたが...)で休校となった小5・中2へお知らせです。

 

例年、夏期講習最終日は学力テストを実施してきました(小5は公中検)。しかしながら...台風で休校になったことから、今年に限りテストを9月にまわし、テストに充てていた最終日を授業に充てることにしました。そのため、新たに振替日を設けることは致しません。

 

保護者の方々、ご理解の程、何卒宜しくお願い致します。

 

中2へ

昨日、次期授業開始日(8月18日)までに「やるべきこと」を書きましたが、本日の授業時に指示したことも含めて追記します。

 

【英語】

不定詞・動名詞の復習。特に動名詞は情報量が多いので、しっかりと復習したうえで例文を暗記すること(不定詞をとる動詞・動名詞をとる動詞・両方とる動詞、連語など)。また、単語3級1~30を暗記しておくこと。

【数学】

1次関数とグラフの復習。72~74ページ、77~80ページ、83~85ページ(85ページ大問8は除く)を反復してくること(自力で解けるようにすること)。

数学では...1名を除いて「直線の式」を求めるのにもたつき過ぎです。それが、座標・座標平面上での三角形の面積・三角形の面積の二等分線...を求めるのに影響しています。とにかく遅すぎ、ミス多過ぎ、手が止まり過ぎです。明らかに復習していません。復習をしないで授業に出席するのはやめてほしいですし、復習をしないのなら来なくても結構です。

【国語】

漢字五段その1を暗記してくること。

中1・2生

夏期講習も明日で4期が終了し、つかの間のお盆休みに入ります。

中1・2は次回授業までに下記内容を進めて下さい(中2は明日の授業時にも再度伝えます)。

 

【中1】

英語 単語7級31~61の暗記

   be動詞・一般動詞(3単現のs含む)の復習&例文暗記

数学 方程式の文章題72~73、80~81ページを再度解き直し

国語 漢字二段その5の暗記

 

【中2】

英語 不定詞・動名詞の復習

数学 1次関数の復習(変化の割合、直線の式を求める、三角形の面積と二等分線)

 

 なお、学校の宿題を終わらせてない人は論外です。とっとと終わらせること。

時間をかけすぎないこと

問題を解くのに無闇に時間をかけすぎる人がいますが、あまり得策とは言えません(この場合「計算が遅くて時間がかかる」ではなく、延々と考え続けることを指します)。

典型的なのが数学。

延々と「あーでもない、こーでもない」と時間をかけてしまう人がいますが、時間が限られている受験生の場合、英語も理科も社会も...となると、数学だけに延々と時間をかけるわけにもいきません。

 

ですから、1問に対して5分間「死ぬ気で考えて」も糸口すらつかめない場合

それ以上時間をかけるよりも「解説を熟読」して「正解への道筋」を理解する(数学以外は「正解の根拠」を理解する)ことを優先すべきです。そして、理解出来たら解説を閉じて「自力で解けるか」その場で解いてみることです(←これが超大事。これをやらないのらば無意味)。理解できても自力では解けない...ことは往々にしてあります。決して「理解した、分かった」だけで終わらせないことが重要です。そして、翌日に再度、3日後にもう1回自力で解いてみることです。ここまでできれば「自分のモノになった」といってもいいでしょう(ただ、人間は忘れる動物なので、1週間後・1ヶ月後...と事あるごとに解けるかチェックすべき)。

 

繰り返しますが「5分間は死ぬ気で考える」ことが大事。

なんでもかんでも「すぐに解説を読む」のはダメ。また、理解したことで終わらないことも重要です。必ず、自力で解けるようにすることが大事。あくまでも、自力で解けるようにするのが目的で、解説を読んで理解することが目的ではありません(手段です)。