進学塾ジーク ブログ

進学塾ジーク代表による、塾生・保護者の方への連絡(とその他もろもろ)を中心としたブログ

欠席者が「授業内容・宿題」を確認する場合

授業を欠席した場合、欠席者に対しての「授業内容・宿題」をブログにアップしていましたが、

今後は(というか既にそうしていますが)公式ツールにアップすることにします。

やむを得ず授業を欠席した場合は、公式ツールの「ホーム画面」→「最新情報を見る」から入って

授業内容・宿題の確認をお願いします。

 

受験直前のこの時期...

受験生は...

今後、授業で課されるもの以外は「初見の問題」を解く必要はありません

それよりも、今まで解いてきた問題(過去問・テキスト・演習プリントなど)を反復することが重要解いたことのある問題すら短時間で解けない人が、初見の問題をまともに解けるわけがない...ことを忘れないこと。過去問2回転目でも90点以上獲れていない科目がある人、そういうことです。あなた方の「復習しました」はそういうことだったということを自覚して下さい。他のモノに手を出さずに、今までの問題を反復しなさい(時間を意識することを忘れずに)

 

 

大事なのは

短時間ですらすら解けること

数学を例に挙げれば、大問1つにつき初見時に20分かかったのであれば、2回目は15分、3回目は10分程度で解けなければダメ。2回目・3回目で初見時と解く時間が変わらなければ「(解けたとしても)進歩なし、復習が不完全」ということ。

解答の根拠・手順を説明できること

例えば...理科・社会であれば、2回目・3回目で正解したとしても「単に正答を覚えているだけかもしれない」と考えなければならない。根拠を聞かれても即答できないようでは何度反復しても意味がない

英語の長文は「読んだそばから意味がとれる」こと

日々の長文音読・精読をバカにしてはいけない英語で点が取れない者の多くは「時間不足」、つまり読むのが遅いということ。そのための特効薬はなく、既知の長文を何度も音読(スピード感をもって)することだけが解決策。(さすがに中3にもなって存在するとは思えないが)恥ずかしいからといって声に出さない、なんて言う人は自分で自分の首を絞めているのと同じ

漢字・計算・一問一答は「すきま時間」で

やるべきことが多いからといって、漢字・計算・一問一答などを怠らないこと。ただ、時間が限られていることは事実なので、すきま時間(起床した直後、学校の休み時間、ベッドに入る直前...など)を活用して「いつでも」取り出せるように常に準備していること。

 

 

500問の問題を1度だけ解くより、100問の問題を5回反復する方が点数力が上がります。

中3生

中3生は…

今日の模試(自校作はV、共通はW)の復習は「本日中に完了」させること。

また、明日は13:00集合で「過去問(2回転目)祭り」です。お忘れなく。

 

なお…過去問2回転以外にやるべきこととして

 私立の過去問(+復習)

 過去W模擬の点検(各科目40分以内ですらすら解ききる)

 理社(一問一答の日々点検+例のテキストをランダムに)

 英語長文の音読・精読(自校作希望者はスピード重視)

 国語長文(特に論説文・融合文)の精読

 数学演習プリント(11月以降分)の点検(15分/枚ですらすら解ききる)

 漢字の点検

…などを指示済みです。これらを「すべてやりきって」入試を迎えてもらいます。計画性を持って、スピード・密度を上げて下さい。

 

体調管理

受験生にとって、これからの時期は体調管理も重要です。

風邪やインフルエンザが流行っていますが、この入試直前期に風邪などで1日寝込む(=勉強量0)と、それを取り戻すのに3日は必要になります(残り40日ということを考えるとかなり影響大)。

 

そのためにも...

睡眠をしっかり摂る(最低でも6時間)。そのためにもスピーディーに行動しなければなりません。勉強のスピードを上げるのは当然ながら(かといって雑になってはいけない)、勉強以外でもキビキビ行動することが重要です。タラタラ行動している場合ではありません。通学時もチンタラ歩いている場合ではありません(往復の通学時間が5分短縮できれば、1ヶ月で5分×20日=100分の時間が捻出できる。100分あったら過去問2科目分)。

風呂上りには速攻でしっかりと髪の毛を乾かす(コレ、結構無頓着な人がいます)。

食事をしっかりと摂る

うがい・手洗いをこまめに

 

体調を崩すと弱気になります。解ける問題も解けなくなります。ましてや寝込んで物理的に勉強ができなくなると「焦り」ます。で、ちょっと体調が戻ると机に向かう...も、ぶり返して寝込む...と負のスパイラルに陥ります。勉強と同じくらい体調に気を遣うようにして下さい。

が、それでも風邪をひいてしまった場合。その場合はしっかりと寝て回復させることを最優先にして下さい。そして、全快した後はガシガシ勉強して1日でも早く取り戻すことです。

 

都立高 志望校調査集計

各中学校での三者面談結果を踏まえた「志望校調査結果」が発表されました。

ただし...例年、この結果を見て志望校を変更する者、出願状況を見て差し替えをする者などがいるため、まだまだ流動的ではあります。が、一つの目安にはなります。志望倍率を、在籍生徒に関係あるであろう高校のみ列記すると以下の通りです(男女とも、一昨年→昨年→今年の順に表記しています)。

 

高校名   男子(一昨年→昨年→今年)    女子(一昨年→昨年→今年

国立    1.36→1.68→1.64   1.66→1.99→1.67

立川    1.77→1.76→1.65   1.48→1.38→1.59

八王子東  1.02→1.38→1.04   1.26→1.43→1.30

西     1.67→1.79→1.55   1.69→1.33→1.48

国分寺   1.55→1.55→1.71(男女の別なく共通)

新宿    2.13→2.23→1.89(男女の別なく共通)

武蔵野北  1.69→1.49→1.37   1.99→1.79→1.73

小金井北  1.65→1.87→1.38   2.12→1.90→1.42

調布北   1.24→1.11→1.37   1.23→1.19→1.48

日野台   1.28→1.31→1.32   1.46→1.12→1.37

井草    1.29→1.44→1.34   1.32→1.48→1.33

石神井   1.76→1.87→2.14   1.93→2.27→2.09

小平    1.65→1.37→1.69   2.53→1.99→2.41

東大和南  1.78→1.78→1.74   1.46→1.67→1.36

清瀬    1.20→1.33→1.13   1.05→1.17→1.08

 

この数字を見て志望校を変える生徒も少なからずいます。そのため...現時点でジタバタする必要はありませんし、志望校を急遽変更する必要もありません。一つの参考数値として認識しておいて下さい。

冬期講習終了

遅まきながら…本年も宜しくお願い致します。

さて、昨日で冬期講習も終了。

さすがに中3もエンジンがかかってきた、という感じです。そして、大晦日に実施した中3合否演習。合格者は2名(+補欠合格1名)という結果でした。が、合格ラインに届かなかったとはいえ、共通希望者は「あともう一歩」という者が大多数です。各科目とも「あと1~3問」というレベルですから充分に手が届く範囲です。とはいえ、それが簡単でないのも事実ですが。一方、自校作希望者では内申点を十分確保しているにも関わらず(確保しているからなのか)不合格になった生徒がいます。油断しているとしか思えません(特に理科・社会。手を抜いているのがバレバレです)。理社が人並み、英数国が平均以下…では(内申点を持っていても)さすがに合格は無理です。力はありますから、本気で取り組めば問題ありません。本気で。

そして、受験生はここらかが「あっ」という間です。時間を無駄にすることなく過ごして下さい。残り40日で「やるべきこと」は昨日、書面と口頭で伝達済みです。それらをすべて(日々)こなして入試を迎えてもらいます。しっかりとお願いします。

 

 

年内授業・演習、すべて終了

昨日までに全学年の年内授業は終了し、本日の中3「年末合否演習(←ちゃんと1,000点満点で点数を算出し、1月4日に合格者発表)」をもって年内すべての授業・演習が終了しました。

 

いつも言っていることですが、今年の中3(特に共通希望者)は予断を許さない状況です。例年に比べてかなり厳しい戦いになると思います。勿論、10月・11月と比較して「良くなって」きています。が、あくまでも10月・11月と比較して、という話です。確実にボーダーラインを超えるには「もうひと踏ん張り(ふた踏ん張り)」必要です。自校作希望者も、内申を確保できたにも関わらず...このままでは...となりつつある人(点数が伸びてこない人)がいます。かなり要注意です。

今、中3に求められているのは「結果を出すこと」です。そのための行動がとれているのか常に自問自答して下さい。

  長時間勉強したことに満足している場合ではない。

  やるべきことをこなしたら、結果的に長時間になっていた...であるべき。

  結果を出すための行動がとれているのか、を常に自問自答する。

  復習と反復を再度徹底する(英語長文の精読・音読、論説文・融合文の精読など)。

一度解いた問題をミスする・解けない...ようでは、復習が完了したとは言えませんし、結果を残すことはできません。一度解いた問題ができない人が初見の問題を解けるわけがないことくらい分かるはずです。

明日からの3日間...今日の演習の復習は当然ながら、11月以降に解いた問題をすべて反復すること。また、理社の知識面がいまだ完璧でない人が目立ちます(自校作希望者ですら)。こちらも手抜かりのないように。

 

 

 

最後に...

開校して4度目の年末を迎えることがきました。このように年を越せるのも、生徒・保護者の方々のお陰です。本年もありがとうございました。また、来年も宜しくお願い申し上げます。