読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

進学塾ジーク ブログ

進学塾ジーク代表による、塾生・保護者の方への連絡(とその他もろもろ)を中心としたブログ

勉強する目的

何のために勉強するのか...

自分の力で問題を解けるようにすることが当面の目的です。

 

そのためには、問題を解くために必要な知識・情報を理解・覚える必要があります。英語ならば文法・単語・構文、数学なら公式・解法...がこれにあたります。ただし、理解するだけでは不十分です。なぜなら「分かる」と「自力で解ける」は違うからです。理解できたからといって、必ずしも自力で解けるとは限りません。

では...「自力で解ける」とはどういうことか。それは理解した知識・情報をいつでも使いこなせるということ。例えると、知識・情報を理解することがインプットだとすれば、知識・情報を使いこなすのはアウトプットになります。単語の練習を何回もしたのにテストで満点が取れない...とか、授業でやった時は解けたのに類題が解けない...という人は、インプットしたものが(状況に応じて)アウトプットできていない、ということです。

 

 では...インプットしたものを状況に応じてアウトプットするにはどうすべきか。

アウトプットする前提でインプットすること

ただ単に何回も練習すればアウトプットできるわけではありません。こういう人は「練習のための練習」をしている人です。スポーツでも「試合を想定して練習する人」と「練習のための練習をする人」では結果が異なることを想像するのは簡単なはずです。つまり、何のために練習しているのか考えろ、ということです。

 

ミスした問題・間違えた問題の原因を見つけること

 授業中や復習(宿題)でやった問題でミスしたものについて、「どこでミスしたのか」 「なぜ間違ったのか」といった「間違った原因」を自分で見つけることは大変重要です。一問一答形式(単語・漢字・年号...)など単に知識を問う問題は別として、ミスした際に「なぜ間違ったのか」を答えられない人は、成績が伸びません。また、それを復習ノートなどに記録として残さない人も伸びません(なぜって、すぐに忘れて同じ間違いを繰り返すからです)。「解き直せばいいんですよね?」という人もいますが、そういう人は「原因が明確になって初めて対策をたてることができる」ことが分かっていません。間違った原因を明確にし(記録として残し)て、それを撲滅するにはどうするべきかを明確にして、そのうえで解き直すから意味があるんです。

ちなみに...間違っているのに〇をつける人がいます。間違っている自分を認めたくないのか、ミスしたことが恥ずかしいのか...人によって違うのでしょうが、その場だけ自分をごまかせても、後々その何倍も苦労したり嫌な思いをします。ま、そんなことをしているうちは「ミスの原因」を見つけられないわけですから、到底出来るようになるわけがありません。

 

しつこく反復する・繰り返す

3冊の問題集を1回ずつやるよりも、1冊の問題集を3回繰り返す方が得点力がつきます。ですから、授業でやった問題や宿題で課された問題などは1回だけ解くのではなく、最低3回は解くべきです。勿論、ただ単に解くだけでは意味がありません(それこそ、練習のための練習になってしまう)。なぜ、その解答になるのか...を説明できるようにすることが重要です。この点を意識して3回繰り返すのならば意味があります。また、当然ですが、数日程度の間隔をあけて繰り返すことが重要です。

 

リハーサルをする

復習した、暗記した...のならば、自分で自分をテストすることが大事です。その際、本番の試験のつもりで時間設定をして臨むこと。また、単語・漢字などは「覚えた順番通りにテストしても無駄」です。順番通りに(△△のあとは〇〇...のように)覚えていたとしたら、その順番通りに出題されなかったらアウトということですよね。それくらいの想像力は欲しいところです。ですから、順番通り・逆から・偶数番のみ...のように様々な角度からテストすべきです。

 

 

...最も重要なのは、上記を素直に実施することだったりします。

大学合格実績2017(進学指導重点校)

今春の大学合格実績をまとめました。週刊誌で発表される数字と高校から発表される数字には差があるため、高校発表数字が出揃うのを待っていました。

 

まずは進学指導重点校(国立・日比谷・西・八王子東・立川・戸山・青山)から。

それぞれ、難関4大学・国公立大の合計・早慶上理・GMARCHの数字での比較。

 

※難関4大学 …東大・京大・一橋・東工大

 早慶上理  …早稲田・慶応・上智・東京理科

 GMARCH…学習院・明治・青学・立教・中央・法政

 ※数字は現役・浪人の合計数、( )内は昨年実績

 

      難関4大学    国公立大    早慶上理    GMARCH 

国立    58(64)  201(208)  301(315)  309(407)

日比谷   67(87)  158(214)  379(505)  202(215)

西     61(74)  162(199)  347(370)  274(262)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

八王子東  18(17)  185(171)  191(170)  310(269)

立川    19(13)  154(129)  192(176)  357(334)

戸山    36(31)  158(144)  226(220)  263(282)

青山    20(26)   85(124)  188(204)  257(374)

 

トップ3校は日比谷が頭一つ抜け出し、日比谷・西・国立...の順でほぼ固まった感があります。次グループではさすがに戸山が頭一つリード(東大合格者2桁は、日比谷・西・国立・戸山の4校)。八王子東は数字が徐々に落ちてきていますが、制服リニューアルが奏功して来年以降は倍率が上がりそうなことを考慮すると、今までよりも優秀な生徒が増えて4~5年後には数字が戻りそうな予感。

中3 昨日の内容

【英語】

不定詞(名詞的用法+動名詞)の復習。目的語となる場合、不定詞のみとる動詞・動名詞のみとる動詞・不定詞と動名詞の両方をとる(意味が同じもの&異なるもの)動詞...について頭に再度叩き込んで下さい(←というか、昨年も説明している内容です)。ここが曖昧な状態では、不定詞を含んだ構文に進めません。壊滅的な人はいないまでも、根拠なく(ただ何となく)解いている人が目立ちます。

 

【数学】

根号のついた数の四則計算、乗法公式を用いた計算(52ページ大問2、53ページ大問3・4)。そろそろ平方根の計算をすらすら出来るようにして下さい(でないと、二次方程式・二次関数に進めません)。宿題は54ページ大問2・3、55ページ大問2・3です。

中2 昨日の内容・宿題

【数学】

連立方程式の文章題(周回の問題:53ページ大問2)。このパターンは立式方法を「知っているか否か」です。すらすらと立式できるまで反復すること。ただし...「分速・分・m」「時速・時間・㎞」を混同しながら平気で立式している人は要注意。その多くは、教えられた解法をそのまま「何も考えず」に「ただ単に」真似ている人です...例題と類題で「時速・分速・m・㎞などの条件」が違うのにもかかわらず。そのような人は「問題文を眺めているだけ(読んでいない)」であることも追記しておきます。よくよく復習(すらすら解けるまで反復)しておいて下さい。宿題は54ページ大問2・55ページ大問2。

【英語】

人称代名詞(再帰代名詞 85ページ、86ページ大問1・2)。再帰代名詞のスペル・意味を覚えるのは当然として、連語をしっかりとマスターすること(必ずセンテンスで覚えるように)。宿題は86ページ大問3・87ページです。

 

 

人に説明できるようにする

暗記だけでは高得点を獲ることができません

たとえ学校の定期試験で通用したとしても、入試本番では通用しません。学校の定期試験は「試験範囲が決まっています」が、入試本番は「試験範囲が決まっていません」。言うなれば、小1~中3までのすべてが試験範囲です。学校の定期試験では高得点、よって内申点も高い。なのに、入試本番で失敗する…のは「暗記だけに頼っている」生徒です。

 勿論、暗記しないよりは暗記する方が良いに決まっています。たまに、覚えるべきことを完璧に覚えもしないで「点数が上がらない」などと嘆く生徒がいますが、そんな生徒と比較したら何倍・何十倍・何百倍も素晴らしいと思います。また、いくら「考える力」「記述力」と言っても、その源泉は「知識」ですから、多くの知識を頭に入れておくことはプラスになりこそすれ、マイナスにはなりません大事なのは「頭に入れた知識」をもとに考えられること、「頭に入れた知識」を使いこなせることです。

往々にして「暗記だけに頼る生徒」は、作業としての暗記になっているケースが多いものです。そういう生徒は、暗記した知識をそのまま答えることはできますが、それ以上にはなりません。また、そういう生徒は「忘れるのも早い」ものです。

 

暗記したことは忘れやすいが、理解したことは忘れにくい...ことを覚えておいて下さい。数学の公式にしても、機械的に暗記するのではなく、なぜそうなるのかを理解して覚えるべきだと思います。英単語はある意味、四の五の言わずに覚えなくてはなりませんが、センテンス(文)の構造を理解して、センテンスで覚えた方が応用が利きます。

では、「理解できた」とはどういうことなのか。

それは「他者に説明できること」です。自分が理解できてないことを、人に理解させることはできません。ですから、自分が本当に理解できているか否かは、人に説明できるか否か…が基準人に説明できるまでやることが大事です。ノートを作るのも、人に説明できるようにするために作るんです。

端的に言えば、頭を使うということです。これを今のうちから意識するようにして下さい。

 

夏期講習日程(訂正)

※訂正があります。赤字の部分が訂正部分です。申し訳ありません...

 

今年度の「夏期講習の日程」が決まりました。

夏期講習まで約2ヶ月ですが(と言いつつも、受験生からすればあっという間に夏期講習になります)、非受験学年は旅行・帰省の予定もあろうかと思いますので、先に日程をお知らせします。なお、夏期講習は受験生はじめ全学年とも参加が必須になります。

ちなみに...夏期講習は「4日間授業・1日休み」の繰り返しとなり、7月末から8月末にかけて計7期あります(7期のみ3日間)。期別日程は以下の通りです。

 

1期:7月22日~25日

2期:7月27日~30日

3期:8月 1日~ 4日

4期:8月 6日~ 9日

5期:8月14日~17日

6期:8月19日~22日

7期:8月24日~26(←ここだけ3日間)

 

学年別の日程は以下の通りです。

【小6】

1期・2期・3期・4期・5期・6期(計24日間) 

【中1】

2期・4期・6期(計12日間)

【中2】

1期・3期・5期(計12日間)

【中3】

1期・2期・3期・4期・5期・6期・7期(計27日間)

 

中2 昨日の内容・宿題

【英語】

名詞(可算名詞・不可算名詞など)、定冠詞theの用法など(78・80ページ)。中2で肝となる助動詞・不定詞・動名詞・比較...などが理解できて使いこなせても、名詞・不定冠詞・定冠詞で点数を落とす人が毎年います。非常にもったいない。しっかりと使いこなせるようにしておくこと。宿題は79・81ページ(答え合わせも)。

【数学】

連立方程式の文章題(49ページ大問1・2、50ページ大問3)。立式はできているのに計算ミス多発の1名は、テキストの連立方程式(計算問題)を3回転すること。また、「AとBのそれぞれの重さを答えよ」と訊かれているにもかかわらず、平気で「x=〇、y=△」と答える人がいます。誰が「xとyの値を求めよ」と言っているのか...「訊かれていることに対して答える」というのは小6時から再三再四言っていることです。いい加減、しっかりやって下さい。宿題は49ページ大問さ3・4、50ページ大問1・2です。