読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

進学塾ジーク ブログ

進学塾ジーク代表による、塾生・保護者の方への連絡(とその他もろもろ)を中心としたブログ

本日から5月度授業スタート

本日の中3から5月度授業がスタートします。

三中・五中・七中生は試験勉強を粛々と進めていると思いますが、それ以外の方々...しっかりとGW課題をこなしたのでしょうか。

特に受験生。ここまで「まとまった時間」がとれるのは、夏期講習前ではGWしかありません。課題の大半は「今までの復習」にあたります。ここで完成させなかったり、暗記すべきものを暗記していない生徒は、今後かなり苦労するでしょう(←自業自得)。そんな人は...自分で蒔いた種ですから自分で何とかして下さい。いずれにしても、確認テストで無様な点数を取ることのないようお願いします。

 

確認しておきたいのは...

指示されたことを実行しない人へのフォローは一切ありません

勉強する(自力で解けるようにする)のは自分自身です。誰かが代わりにやってくれるわけではありません(入試はあなた方自身が受けるんでしょ?)

...ということ。

 

中1・中2も同様です。

GW明けの確認テストで無様な点数をとることのないよう、準備を念入りにして下さい。

合格体験記②

国立高校合格 MMさん

 

合格が分かったとき、言葉で言い表せないくらいの気持ちでした。とにかく信じられませんでした。小学校の頃から積み重ねてきたことがようやく報われ、「努力は裏切らない」ということを痛感しました。

塾での授業は集団授業でしたが、自分に合った勉強を進めていくことができました。先生の授業が分かりやすいのは勿論、楽しくメリハリがあるので、とても充実した授業でした。私は以前、規模が大きい他塾に通っていましたが、そこでは人数が多くて自分の弱いところを重点的に学習することができませんでした。しかし、ジークでは先生と生徒の距離が近く、とても先生と話しやすいので、問題の解法などの質問や勉強の悩みなどの相談がしやすかったです。

最後に...後輩の方々へ

まずは学校の勉強をしっかり身につけ、内申点を取ることが大前提です。正直言って、私自身も内申点に助けられました。最後の最後できっと「今まで頑張ってきた自分」に感謝すると思います。そのうえで、自分が目指す志望校に向け、最後まで絶対に諦めずに努力するべきです。

 

保護者の方から...

先生と生徒は勿論、保護者との距離が近くて大変心強かったです。願書提出日が近づくにつれて親子ともども不安になる中、面談やメールでの相談に都度対応して下さり、気持ちを整理することができました。第一志望校合格に向けて今までご指導いただき、心より感謝申し上げます。

 

 

吉原から...

とにかく「何事にも努力の人」でした。もう少し(いい意味で)手を抜いてもいいのでは?と私が感じるくらいでしたから。それにしても「まずは学校の勉強をしっかり身につけ、内申点を取ることが大前提」...という言葉、実際に経験した人から出た言葉だけに重いですね。自校作を希望していたくらいですから偏差値も高かったわけですが、そんな生徒でも「内申点に助けられた」わけですから...中1・2生は肝に銘じて下さい。

 

合格体験記①

国分寺高校合格 OYさん

 

合格発表の際に自分の番号を見つけたとき、一瞬信じられませんでした。しかし、改めて番号を確認すると「本当に合格したんだ」という実感が湧くと同時に、合格したことへの喜びが込み上げてきました。自分自身が国分寺高校に通うことを考えると、今まで頑張ってきて本当によかったと感じました。

私にとって...塾での授業は分かりやすく、且つ楽しいものでした。私は社会が苦手だったこともあり、学校の授業をいつも「つまらない」と思っていましたが、塾では先生がいろいろな話を織り交ぜながら細かい点まで説明してくれたため、笑いながら知識を身につけることができました。そのおかげで、社会でも高得点が取れるようになりました。私が、塾での週3日の授業が嫌にならなかったのは、先生の授業のおかげだと思っています(←ほぼ毎日、黙々と自習していました 注:吉原)。

これまで塾に通ったことがない私が印象に残っていること...それは、指示されたことをやればやるほど実力がつくこと...です(←とにかく素直に実行してくれました 注:吉原)。入塾当初の私は自宅学習をほとんどしていない状態で、最初は何をしていいか分からなかったため、指示されたことをやるしかありませんでした。例えば、英文の音読などは「やる意味があるのか」半信半疑でしたが、やっているうちに気づいたら「長文がスムーズに読める」ようになっていました(←だから皆さんも実行して下さい 注:吉原)。また、やればやるほど力がつくのが実感できたことが、やる気につながっていきました。また、塾では勉強面はもとより、高校のことについてもしっかりと相談にのってくれて...私にはとても信頼できて頼れる存在でした。

最後に...後輩の方々へ

受験までは本当にあっという間です。私も2年生の頃は「まだ1年もある」と思っていましたが、この1年は本当に短かったです。1年間で出来ることは限られているので、受検が終わった後に悔いが残らないようにしてほしいと思います。受験までの間にはつらい時もありますが、志望校に自分自身が通っているところをイメージして頑張って下さい。

 

保護者の方から...

思い起こせば1年前...自宅学習をほぼやっていない状態で入塾し、周りの皆さんについていけるか心配でした。しかし、いつの間にか「やらされている」のではなく「自らの意思でやる」ようになっていました。先生の的確かつ魔法のような言葉(←大げさですよ 注:吉原)かけのおかげで目標に手が届くことができたと思います。我が子の力を見直す1年となりました。本当にありがとうございました。

 

 

吉原より...

これを読んだ在校生は「自宅学習をやっていなかった」という言葉に安心してはいけません。なぜなら、この先輩は「指示をとにかく素直に実行する」人であり、「人並み外れた集中力」の持ち主だからです。私が説明・解説をしている間、板書を写すことなく「一言一句聞き逃すまい」というオーラを放っていました。目力がとてつもなかったです。そして、話を聞き終えると一気にノートに書いていく...そんな生徒でした(勿論、話を聞きながらのメモも実践していました)。ですから、直後に問題を解かせても大抵は解けたものです。言われたことをやればいい...という訳ではなく、自分で考えつつも素直に指示を実行する生徒は合格する...ことを再認識させられた生徒です。

 

中2生へ 要暗記英文(GW明けテスト)

中2生、以下の英文を暗記しておくこと(英訳・和訳ともできるように)。

 

 

They will go to Hokkaido tomorrow.(彼らは明日、北海道に行くだろう)

I'm going to buy some notebooks tomorrow.(私は明日、ノートを数冊買うつもりだ)

Will Kumi make dinner tomorrow ?  Yes, she will.  No, she won't.(彼女は明日、夕食をつくるでしょうか)

Are you going to watch TV after dinner ?  Yes, I am.  No, I'm not.(あなたは夕食後にテレビを見るつもりですか)

Tom can play the guitar very well.(トムはとても上手にギターを弾くことができる)

Ken is able to sing the song.(ケンはその歌を歌うことができる)

That man may be Tom's father.(あの男性はトムのお父さんかもしれない)

You may use my dictionary.(あなたは私の辞書を使ってもよろしい)

You must study English every day.(あなたは毎日、英語を勉強をしなければならない)

You don't have to go to school tomorrow.(あなたは明日、学校に行く必要はない)

You mustn't run in the classroom.(教室で走ってはいけない)

He must be American.(彼はアメリカ人にちがいない)

Can you help me? Sure. / I'm sorry, I can't.(私を手伝ってくれませんか)

Shall we have lunch in the park? Yes, let's.  /  No, let's not. (公園で昼食を食べましょうか)

Shall I wash dishes? Yes, please.  /   No, thank you.(皿を洗いましょうか)

I couldn't remember his name.(私は彼の名前を思い出せなかった)

You should buy a new dictionary.(あなたは新しい辞書を買うべきだ)

GW期間の宿題

各学年の「GW期間中の宿題」は下記の通りです。

しっかりとした計画をたてて進めるようにして下さい(そうしないと完了させられません)。 中学生はこのGWに遊びほうけていると(部活にかまけていると)、3月からスタートしたアドバンテージを失ってしまいます。それで困るのは他でもない、あなた方自身です。しっかりとやって下さい。なお、GW明けは下記内容についてテストがあることも忘れないように(「やってきました」という言葉だけの結果はいりません)。

 

【小6】

●計算テキスト 

 175回~192回(最低2回転すること)

●漢字テキスト 

 55~58ページ

●算数テキスト 

 2~55ページの全問題の解き直し(1日1単元)。解けない問題・ミスした問題・記述が甘い問題をノートにまとめて翌日再度解く。

●理科テキスト 

 2~31、44~55、68~73ページを解き直し(1日1単元)。解けない問題・ミスした問題・記述が甘い問題をノートにまとめて翌日再度解く。

●社会テキスト 

 2~43ページの全問題を解き直す(1日1単元)。解けない問題・ミスした問題・記述が甘い問題をノートにまとめて翌日再度解く。

 

【中1】三中生は試験勉強を優先させること

●英語

 重要例文を暗記。英文・日本文ともすらすら書けるまで反復。必ず「発音しながら書きまくる」こと。発音せずに練習している人はすぐに分かります。

●数学

 テキストの12・18・24・30ページを2回転。

●国語

 漢字「初段その5」

●その他

 小6の復習(算数・理科・社会)をしておくこと。

 

【中2】七中生は試験勉強を優先させること(下記は試験後に実行してもらいます)

●英語 

 重要例文(←この後のブログで指示します)を暗記。英文・日本文ともすらすら書けるまで反復。必ず「発音しながら書きまくる」こと。発音せずに練習している人はすぐに分かります。

●数学

 テキストの8・14・20・26・38・42~44ページを2回転。

●国語

 漢字「四段その4・5」

 

【中3】五中生・七中生は試験勉強を優先させること

●英語

 重要例文プリント(現在完了・受動態)の暗記。英文・日本文ともすらすら書けるまで反復。発音しながら書きまくる...ことを忘れないこと。

●数学

 テキストの8・14・20・26・32・36~39・44ページ。

●国語

 漢字「七段その3」

●社会

 近現代史(明治~現代)、人権思想...について再度復習。テキストの問題もこなしておくこと。

●理科

 酸・アルカリ・中和、電池、水溶液とイオン、有性生殖・遺伝の規則性...を再度復習、テキストの問題もこなしておくこと。

中2 本日の内容・宿題

【英語】

助動詞must(64ページ)。have(has) to~との書き換えの場合、have・hasは一般動詞であることに注意すること。また、mustの否定文(mustn’t~)とhave(has) to~の否定文(don’t have to~、doesn’t have to~)は意味が異なること、mustには過去形が存在しないこと(had to~で表現)、未来はwill have to~(will must~は✖)で表現すること...をしっかり整理して頭に叩き込んで下さい。そのうえで、それぞれの例文をすらすら書けるまで反復練習(音読含む)すること。

【数学】

連立方程式(加減法・代入法)の演習(38ページ大問2)、A=B=C型の連立方程式(38ページ大問3)、( )を含む連立方程式(40ページ大問1)。宿題は42ページ大問1、43ページ大問1です。

 

 

4月末~5月上旬の予定

今週末から(世間では)GWです。

勿論、受験生には関係のないことです。小6・中3はこの機会に「3~4月の復習」を再度実施して下さい。遅れ気味の人はココで取り戻さないければ、GW明けは一気に置いていかれるので要注意です。

勿論、中1・中2も同様です。ここで怠けると3月からスタートした意味がなくなります。宿題だけやってもダメ。今までの復習を徹底的にお願いします(中1は小学校の復習もお願いします。最初の定期試験に大きく影響します)。なお、三中・五中・七中はGW明けすぐに定期試験があるため、定期試験対策を優先させて下さい(といっても、前学年までが試験範囲ですから、やはり復習を徹底することが試験対策になります)。

 

【GW期間の予定】 

4月29日(土)  休校

  30日(日)  休校

5月 1日(月)  休校

   2日(火)  休校

   3日(水)  休校

   4日(木)  休校

   5日(金)  休校

   6日(土)  通常授業

   7日(日)  休校

 

【学年別 5月授業開始日】

小6 5月 8日(月)

中1 5月10日(水)

中2 5月 8日(月)

中3 5月 6日(土)