進学塾ジーク ブログ

進学塾ジーク代表による、塾生・保護者の方への連絡(とその他もろもろ)を中心としたブログ

中1生のみなさん 内申って知ってますか?①

中1生のみなさん、中学ご入学おめでとうございます。

 

中学生になって一週間。

制服や教科内容...色々なことが小学生の時とは様変わりしたことに戸惑っている人もいると思いますが、中学生生活を存分に楽しんでほしいと思います。

 

が!

 

高校入試へのカウントダウンはすでにスタートしています。

そんなことを言われても、「まだ先のことだし...」とピンとこない人も多いと思います。

 

「まだ受験生じゃないし」

「受験生(中3)になったら頑張ります」

 

こう考えている人は志望校合格はかなり難しいと思って下さい。特に、都立高校を希望している人は。

 なぜなら、都立高校の入試は「内申点と学力検査点」の合計で合否が決まるからです。

 

内申点とは、いわゆる学校の成績。

学力検査点とは、入試当日の筆記試験(英数国理社)の点数。

 

そして...

内申点を300点満点、学力検査点を700点満点として合計1000点満点として計算されます。

点数の換算方法などの詳しいことは、次回以降で書きますが、

頭に入れておいてほしいのは「内申点が重要だ!」ということです。

 

私は、今まで主に東村山市で受験指導してきましたので、ここから先の話は東村山市の中学生を念頭に置いた内容となります。

 

内申点は、中3の11月時点の成績が高校側に提出されます。

東村山市の中学校は2期制ですから、後期の途中ということになります。

そのため、後期の中間試験終了後に「仮内申」を出します。この内申点でほぼ決まります。

 

「だったら、中3の前期中間・期末試験と後期中間試験でいい点を取ればいいんじゃないの?」

...と思った人、そんな簡単な話じゃないんです。

 

次回に続く