進学塾ジーク ブログ

進学塾ジーク代表による、塾生・保護者の方への連絡(とその他もろもろ)を中心としたブログ

どの都立高にするか②

どの都立高にするか…の第2弾。

国立(クニタチ)に次ぐレベルとすれば、同じ進学重点校である「立川」「八王子東」の2校。トップ校(日比谷・国立・西)の次に位置するグループ(立川・八王子東・戸山・青山)のうちの2校です。ただし、その4校の中では戸山が抜き出てきた感があります。

 

立川高校

明治時代に設立された、多摩地域の名門校。青山高の大躍進もあり、以前は「進学指導重点校の中で7番手」と言われていましたが、高校側が危機感を持って指導した成果からか、今年は大きく大学合格実績を伸ばしました。日比谷・国立・西には及ばないものの、戸山・八王子東・青山と遜色ない数字になってきています。前身が男子校だった名残から「質実剛健」というイメージが強く、場所的に近い国立高とは雰囲気的に異なる面が多いような気がします。

 

八王子東高校

1976年設立の比較的新しい高校で、進学重点校の中では唯一、戦後に設立された高校でもあります。しかしながら、大学合格実績では立川高を上回る実績をあげており、進学校として確固たる地位を築いています。八王子東を一言で言えば「面倒見がいい」ということでしょうか。先生方が生徒一人ひとりの状況をかなり詳細に把握し、その上できめ細やかな指導をしています。予備校に通わずして国公立大へ合格する生徒が多いのも特長。東村山市からは距離的な問題から、毎年多くの生徒が希望する…とは言えませんが、保護者からの信頼はかなり高い高校であるのは確かです。また、進学指導重点校の中では「倍率がさほど高くない」ことも特徴の一つです。

 

【2015年度 実質倍率】都立普通科全体 1.45倍

国立   1.67倍

日比谷  2.00倍

西    1.57倍

立川   1.65倍

八王子東 1.39倍 → 唯一、平均1.45倍を下回っている

戸山   1.95倍

青山   2.03倍

 

【大学合格実績】

<難関四大学(東大・京大・一橋大・東工大)>

立川   25名

八王子東 27名

戸山   33名

青山   23名

 

<国公立大 合計>

立川   133名

八王子東 162名

戸山   177名

青山   140名

 

早慶上理(早稲田・慶応・上智・東京理科)>

立川   190名

八王子東 206名

戸山   291名

青山   215名

 

<GMARCH(学習院・明治・青学・立教・中央・法政)>

立川   365名

八王子東 349名

戸山   373名

青山   336名