進学塾ジーク ブログ

進学塾ジーク代表による、塾生・保護者の方への連絡(とその他もろもろ)を中心としたブログ

どの都立高にするか➃

多摩地域では国立・立川・八王子東・国分寺の4校が「グループ作成問題校」であり、それ以外の高校は「共通問題」となります。その共通問題校の中で人気が高いのが、いわゆる「サンキタ」と呼ばれる、武蔵野北・小金井北・調布北の3校です。

 

 

【武蔵野北高】

通称「ムサキタ」。ここ数年、サンキタの中では最も大学合格実績を伸ばしている高校で、サンキタでは頭一つ抜き出た感があります。漫画「スラムダンク」のモデルとなった高校として有名です。改修された校舎にはセブンイレブンが入っていたり、女子の制服がテレビ番組の制服ランキングで1位になったこともあるなど、話題には事欠きません。勿論、大学合格実績が伸びていることでも大きな注目を浴びています。早慶上理(早稲田・慶応・上智・東京理科)の難関私大への合格者数は10年間で7倍に増加GMARCHへも250名以上が合格しています。倍率は、今年は今までの高倍率が敬遠されて低下しましたが、例年は1.7倍~2倍という高倍率で推移しています。

 

【小金井北高】

通称「コキタ」。武蔵野北と比較すると、堅実で落ち着いた校風です。ですから、明るい校風を好む生徒は武蔵野北、大人しい生徒で落ち着いた校風を好む生徒は小金井北…と希望する生徒像もはっきりしています。大学合格実績も(武蔵野北には差をつけられていますが)順調に伸ばしてきています。学校内で予備校の通信衛星講座を受講できたり、土曜授業を実施したり…と、塾・予備校に頼らない進路指導を掲げています。倍率は、今年は従来の高倍率が敬遠されて例年よりも低くなりましたが、例年1.7倍~2倍となる高倍率です。

 

【調布北高】

 通称「キタコウ」。こちらも徐々に大学合格実績を伸ばしていますが、なんと言っても、2年前に設置された「特進クラス」に注目です。特進クラスは大学合格実績を飛躍的に伸ばす契機となりますので、今後はますます合格実績が上がってくるものと思われます。

 

 

【大学合格実績】

2015年度の実績は、小金井北のみ学校からまだ発表されていません。

 

<難関四大学(東大・京大・一橋大・東工大)>

武蔵野北  4名

小金井北

調布北   1名

 

<国公立大 合計>

武蔵野北  35名

小金井北

調布北   27名

 

早慶上理(早稲田・慶応・上智・東京理科)>

武蔵野北  61名

小金井北  24名(高校受験案内より)

調布北   23名

 

<GMARCH(学習院・明治・青学・立教・中央・法政)>

武蔵野北  277名  

小金井北  136名(高校受験案内より)

調布北   117名