進学塾ジーク ブログ

進学塾ジーク代表による、塾生・保護者の方への連絡(とその他もろもろ)を中心としたブログ

中1生へ 昨日の宿題

英単語や数学・漢字の小テストの点数の良し悪しは「行動量の差」です。

 

【英語】

授業でやった例文をすらすら書けるようにしておくこと。また、単語テストが満点でなかった者は土曜夕方までに再テスト。

昨日の単語テスト(30点満点)、最高点30点~最低点6点(!)まで様々でした。このように、「練習している人」と「そうでない人」にはっきり分かれています。練習をしていない人は、とにかく「書く回数が少なすぎます」。「何回書いているのか」なんて聞いてもいませんが、せいぜい5~10回程度でしょう。そんな程度で書けるようになるのなら苦労しません。まだ中1だから…と思っているのかもしれませんが、今「行動量」を稼げない人は、確実に中3になったら嫌な思いをしますよ。また、そのような人に限って「何とかしてくれ」と泣きついてきます。授業でも言いましたが、やるべきことをやらない人の手助けはしません

 

【数学】

41ページの小テストをします。まったく同じ問題なので、すらすら解けるようにしておくこと。授業でやった問題とまったく同じ問題を出題しているのに解けない…という人がいます。一度復習しただけで(すらすらと)解けるようになる、と思っていること自体が間違っている…ということを認識して下さい何回も繰り返し解く練習をして初めて、すらすら解けるようになるんですよ。とにかく、回数が少ないんです。

 

【国語】

漢字「初段その1」の「書き」を練習しておくこと。