読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

進学塾ジーク ブログ

進学塾ジーク代表による、塾生・保護者の方への連絡(とその他もろもろ)を中心としたブログ

質問

生徒の皆さんには繰り返し伝えていますが、

 

質問がなければ「理解した」と私は解釈します

 

「しっかりと理解できているので質問することはない」…というならばOKです。しかし、理解もしていないのに「質問をしない」というのはどういうことなんでしょう。そういう人は「いずれ何とかなる」とか「いずれ校長が教えてくれるだろう」と思っているのでしょう。分かりました、はっきり申し上げます。

 

そんな状態では、いずれ何とかなる…わけがありません成績が落ちるだけですついていけなくなるだけです

 

質問に来ない限り、私から改めて教えることはありません

 

また、質問の仕方は、皆さんに配布している「基本的なこと①~③」に書かれています。もしかしたら、「そのように」質問できないから…質問をしない、という人もいるかもしれませんが、そのような人は「叱られること覚悟」で質問しに来ること。失敗して初めて分かること…はこれから多々あります。失敗せずに何事もできるようになろう…なんていうのは理想です。

 

 

なんで質問に来ないの?という問いに対しての答えとしてよく耳にすること。

 

「だって、〇〇君(さん)は『できる』し…」

質問とは勉強ができる子がするものだ、と思っているみたいですが…あのですね、勉強ができるから質問しているのではなく、質問をしているから勉強ができるようになっているんです。

 

「だって。訊きづらいし…」

あのですね、社会に出たらそんなこと言ってられませんよ…と言うと「社会人になったらやります」と言う人がいますが、社会人になるまでに「分からないことを質問する」ことをしてこなかった人が、社会人になって突然できるわけがありません。仮に「質問できた」としても、質問の仕方がなっていないから上司や先輩をイライラさせるんです。そして、徐々に仕事を与えられなくなり、居づらくなり… 何を大げさな、と思うかもしれませんが、それが現実です。勉強だけできてもダメなんです。そういう基本的なことができて勉強もしっかりしてきた人が評価されるんですから。

 

「うちの子は引っ込み思案なもので…」

そのような生徒には、最初のうちは助け舟を出します。が、最初のうちだけです。なぜなら、助け船を出してもらうことが当然となるからです。だから、助け舟が出ているうちに「質問できるよう」にしなければなりません。性格を直せとは言いませんが、引っ込み思案なりに「質問できる」くらいにしておかなければ、社会に出た時に(今以上に)嫌な思いをするだけです。

 

「だって、理解してるし…」

であれば、点数が証明してくれるはずです。その点数が低いから言っているんですが。

点数(数字)は嘘をつきません。

 

 

私も常に質問に答えられるわけではありません。が、極力対応します。ちなみに…基本的にフリーである火曜日は「質問するには狙い目」です。

最後に…

質問せずに、後々になって「実は理解していませんでした」と言われても、「そうですか」と返答されるだけです。くれぐれもそうならないよう注意して下さい。