進学塾ジーク ブログ

進学塾ジーク代表による、塾生・保護者の方への連絡(とその他もろもろ)を中心としたブログ

「復習」について再度確認を

ジークでは「授業後の復習」をかなり重要視しています。私が口酸っぱく言っているので、生徒たちは重々承知していると思います。

授業を受けているだけでは成績は上がりませんし、ましてや合格なんてするわけがありません(そんな旨い話はありません)。授業で学んだことを「自分のものにする」ことが必要です。そのための「復習」です

 

ただし...

悪い意味で慣れてきてしまっている生徒がいるのと、9月・10月と新しい生徒が入ってきたことから、改めて「復習」についての考え方を確認しておきます。

 

復習は授業で学んだことをインプットするだけではありませんインプットしたことをアウトプットできるようにするのが復習です。

ですから、授業で学んだことについては「質問されたら即答できるようにしておく」ことが大前提です。

 

「即答ができる」=「インプットしたものをアウトプットできる」です。

 

ですから、即答ができない人は「インプットしていない(復習していない)」「アウトプットできない(復習が足りない)」かのどちらかです。

「復習してきました」と言いながらも、質問されたことに即答できない人がいますが、それは「形だけの復習になっている」人です。

ノートにまとめる、見直す...だけで即答できるのなら構いませんが、そんな人はまれです。即答できるようになるまで、書く・口に出す・解く...を繰り返すことが必要です。ここまでやって復習です。

 

また、授業でやって間違えた問題(もしくは解けなかった問題)については、「間違えた原因」と「正解に至る道筋」をノートにまとめるのは当然。加えて、正解に至る道筋を「人に説明できるようにする」ことが復習です。これも「なぜそうなるのか」と聞かれると説明できない人がいますが、それでは「復習をしているとは言えません」。

 

繰り返しになりますが、

ノートにまとめる、覚える...などは手段に過ぎません(それすらやっていない極少数の人、先はないと思って下さい)。重要なのは、何の目的のためにそれら(ノートまとめ・暗記)をやっているのかを意識することです。即答もできない、説明もできないようでは、復習をやったとは言えないことを肝に銘じて下さい。