進学塾ジーク ブログ

進学塾ジーク代表による、塾生・保護者の方への連絡(とその他もろもろ)を中心としたブログ

小6生へ 過去問演習で気になる点

小6は11月より授業も過去問、授業外も過去問...と過去問尽くしとなっています。

生徒によって持っている過去問は異なりますが、授業では主に都内東部(小石川・桜修館・両国・白鴎・区立九段)の過去問を集中的に演習・解説を実施しています。授業外では、各自保有している過去問を冬期講習までに一巡するよう指示・チェックをしています(勿論、解くだけでなく復習込み)。

 

さて

過去問演習をしていて気づいた点をいくつか…

 

【適性(作文以外)】

都立中の場合、設問の前提となる「会話文」にヒントが書かれていることが多々あります。しかも、ご丁寧に設問にも「表1とグラフ1と会話文を参考にして~」などと書かれる場合が多くあります...にも関わらず、会話文の読み込みがまだ足りない生徒が目立ちます。ヒントを見逃していては「分からない・書けない」となるのも当然です。時間が設定されることで焦る場合もあるでしょうが…会話文にヒントが書かれていることは何十回も言い続けていますし、設問にも書いてあるわけですから、今一度落ち着いて読み込んで下さい。

また、先日「公中検」を返却した際にも一人ひとりに伝えましたが、取るべき問題で確実に得点しなければなりません。11月の公中検では、大問2は社会系ですから、ここは確実に点数(最低でも部分点を)積み重ねる必要があります。大問1が理科系・大問3が算数系でしたが、大問3の方が点数は取りやすかったはずです。なのに…大問1で時間を取られ過ぎて大問3まで手が回らなかった(もしくは充分な時間を確保できなかった)人が多かったようです。本番でも100点を取る必要はないので、「どの順番で解いていくか」を落ち着いて(問題全体を見て)判断して下さい。

 

【作文】

要約問題は…本文を読む前に「出典」と「注」に目を通すのは勿論、問題も先に読むことを徹底して下さい。その上で「何について聞かれているのか、何を求められているのか」をもっと意識して本文を読んで下さい。全体要約と部分要約ではポイントが異なります。ましてや漠然と読んでいては「的外れな解答」になりがちです。また、何回も伝えている「要約の書き方(ポイント・書いてはダメなこと)」をしつこくしつこく復習(繰り返)して下さい。

作文問題も「自分が何を求められているのか」をもっともっと意識して下さい。いくら上手な作文でも「求められていることに答えていない」ものは点数になりません。また、構成も「ひとつのパターンに固執」してはいけません。どんな問題でも同じような構成で書く人がいますが、何も考えていないのがバレバレです。とは言っても、そんなに数多くの構成があるわけではありませんし、問題の指示通りに段落分けをすればいい場合もあります。これも問題文をよく読みこむことが必要、というわけです。

 

…色々書きましたが、小6生は6・7月の頃と比較すると格段に力をつけてきています。だからこそ、残り70日強、上記内容を徹底して追いこみをかけて下さい。