進学塾ジーク ブログ

進学塾ジーク代表による、塾生・保護者の方への連絡(とその他もろもろ)を中心としたブログ

中3 仮内申確定

先週、中3生の仮内申が確定しました。

これで、都立高入試1,000点の内申点分300点分の点数が確定したことになります。つまり、入試当日に「何点取るべきか」も確定した、ということです。

計算方法は中3に何度も説明していますし、過去問管理表にも記入する箇所があるので、中3生は「必要点数」を日々確認して「今、今日、今週、今月...何をどれだけ勉強すべきか」を意識(今のスピードと量で間に合いますか?)して下さい。

 

「Vもぎ」や「Wもぎ」などの模試を受ける際にも、偏差値で一喜一憂するのではなく「必要点数との差異」に敏感になること。偏差値が上がっても、必要点数に達していなければダメだということです。

 

中3生・保護者との三者面談では「安易に志望校を下げるデメリット」についてお伝えしています(今回の内申点から見て、志望校レベルが非現実的な場合は下げざるを得ません...ので、その点は誤解なきよう)。ただし...「問題なし」という生徒がいないのも事実ですので、1月の模試と2月初頭に予定している過去問演習で「必要点数」に達しなければ、志望校を下げることを覚悟してもらっています。

ですから、中3は全力で「点数を取りに」いってください。いつも言っていますが、アウトプットなきインプットは無意です。しっかりとアウトプットできる練習を日々繰り返してください。

 

また、併願優遇の私立高についても、説明会でしっかりと言質をもらうようにして下さい。今後、私立のことであまり時間を使うのは得策ではありません。都立高入試で必要点数を確保することだけに専念するためです。