進学塾ジーク ブログ

進学塾ジーク代表による、塾生・保護者の方への連絡(とその他もろもろ)を中心としたブログ

夏を制する者は...というフレーズ

この時期になると「夏を制する者は...」というフレーズをよく耳にします。

 

しかし、このフレーズを「都合よく解釈している受験生」が結構目立ちます。

それこそ...夏に頑張ればいける!夏から頑張ればいける!...と考えている中3生がいかに多いことか。そんな旨い話があるわけがないじゃないですか。

 

「夏を制する者は受験を制す」には前提条件があります。

それは、夏までに勉強量をこなすこと、学んだことを(その日のうち)復習して「自力で出来るようにする」ことを習慣づけること、です。一言で言えば、勉強する体力をつける、ということです。

 

通常授業では次回授業までに日数がありますが、講習ではそうはいきません。今日学んだことは翌日までに「自力でできるように」しなければなりません。宿題も翌日までにこなさなければなりません。復習や宿題をこなす日数がある今の時期にそれをしない人が、講習時に突然こなせるようになるわけがありません。授業についてこられなくなるのは火を見るよりも明らかです。すると「講習を受けた」という事実だけが残り、学力はさして向上しないまま秋を迎える...ということになります。しかも、世の中3生がそれこそ目の色を変えて勉強してくるので、秋以降の模擬試験では偏差値が変わらないどころか、目に見えて偏差値が下がる状況になります(自分の点数が変わらなくても、まわりの人達の点数が上がれば、それだけ自分の順位が下がるわけです)。

 

先週から今週にかけて、体育祭やらなんだと勉強以外のことに気を取られ過ぎて「明らかに集中力が低下している」人がいます。また、「部活が終了してから本腰を入れよう」などと思っている人もいるでしょう。そんな人は危険です。そのままいけば、今の成績で合格する高校にすら合格できなくなりますよ。「この時期あっての夏」であることを忘れないように。2ヶ月間でしっかりと勉強する体力をつけたうえで夏期講習に臨んで下さい。