進学塾ジーク ブログ

進学塾ジーク代表による、塾生・保護者の方への連絡(とその他もろもろ)を中心としたブログ

明日からのスタートに伴い4点ほど…

明日より夏期講習がスタートします(明日から中2・中3が、小5・中1は2期から開始)。

それに伴いまして4点ほど確認です。みなさん共通認識でお願いします。

 

 

復習はその日のうちに実行する

全期かつ1日5科の中3は大変でしょうが、必ず実行して下さい(勿論、非受験学年である小5・中1・中2は当然のように実行すること)。「翌日の午前中に…」という声も一部からありましたが、授業と復習の間に「睡眠」が入るわけですから、ほぼ忘れた状態で復習する人もいるはずです…それでは0から自習するのと変わらないことに気づいて下さい。

 授業終了後に復習 → 睡眠 → 翌日午前中に宿題、自己チェック

翌日午前中に問題を再度解き、「どこを忘れてしまっているのか」をチェックすること(←これ、とても重要)。そこを再度復習すること。

復習とは…「質問されたら即答できる」「正答への道筋・根拠を説明できる」状態にすることであることを忘れないこと。

 

 

効率を上げる

特に中3は「やることが多い」ので、今までと同じようなペースでは追いつきません。1時間で10の勉強をしているのであれば、40分で同じ量をこなすようにすること。もっと集中するべきですし、もっとスピードアップできます。そのためにも、翌日「何を」「どのくらい」「何時までにやる」のかを、前日の寝る時点に決めて下さい。ある科目の勉強が終わってから「次は何をやろうかな…」と考える時間が勿体ないですし、そこで集中が途切れます。また、時間は今まで1時間でこなしていた内容ならば40分で設定するように心掛けて下さい。勿論、その時間内で(今までと)同じクオリティで完成させるように進めて下さい。時間が短くなったので完成度も低くなりました…では無意味ですから。いずれにせよ、1月になれば誰でも「時間がない」と言い出すんですから、今のペースでいいわけがありません。

小5・中1・中2も他人ごとではありません。通常授業とは異なり、毎日授業・毎日宿題・毎日小テスト…です。いつも通りやっていては置いてかれます。同じように効率を上げなければ、時間がいくらあっても足りませんよ。

 

学校の宿題完了は、ベストは7月中(遅くても8月10日)

二中・四中・五中生は、9月上旬~中旬に定期試験があります。8月中旬近くになっても宿題が残っている状態では定期試験勉強どころではありません。特に納期をしっかり守って下さい。ちなみ…中3は、8月中旬になっても宿題が残っているようでは「〇〇高校に入りたい」という言葉に何の説得力もありませんので…あしからず。

 

一度解いた問題は必ず解けるようにする

①と重複しますが、要は復習です。一度解いた問題すら解けない人が、初見の問題を解けるわけがない(当然ですが、入試はすべて初見の問題です)。一度解いた問題について、次に出題されたら解けるようにする…のは最低限の行動です。だからこそ、復習→自己チェック→再復習の繰り返しです。

 

では、明日から宜しくお願いします(私が先に倒れるか、中3が先に倒れるか…の体力勝負に負けないようにします)。