進学塾ジーク ブログ

進学塾ジーク代表による、塾生・保護者の方への連絡(とその他もろもろ)を中心としたブログ

もう8月、あと半年強

夏期講習に入ると曜日感覚がなくなってしまいます...

気づいたら8月に入ってました。

 

中3は私立入試まで半年、都立入試までも7ヶ月ありません。理屈を理解し、覚えるべきものを覚え、一度解いた問題は自力で解けるようにする...ことを日々実行していくことが求められています。が、この点が甘い人がまだ目立ちます(特に、共通問題希望者の一部)。時間がある「今」踏ん張らなければ、本当の意味で踏ん張らなければならない「入試直前」に踏ん張ることはできません。また、日々授業がありますから、新たなことをインプットしたそばから3日前・1週間前にやったことを忘れていないか...のチェックも日々怠らないことが必須です。

 

...小5・中1・中2は以下の通りです。

 

【小5】

普段の内容とは異なり、かなり都立入試内容に近い問題を扱っています。算数などは解答が出せればOKではなく、「なぜその解答になるのか」と説明できることが重要です。勿論、解説などを暗記しても無意味です。なぜそうなるのか...ということを理解しなければなりません。そのためにも、復習して終わり...ではなく(ある意味、それはインプットです)、説明できる(相手に理解できるよう)練習することが必要です(←これがアウトプット)。時間をかけてでもやって下さい。

 

【中1】

夏期講習に入って、見違えるほど良くなった生徒がいます。その一方で「なんでそうなるの?」というほど足踏み・後退している生徒もいます。後者は明らかな復習不足です。解説を聞いて「あー!そーだった!」とリアクションしたり、ヒントを与えれば解けたり...これは、インプットはできているけどアウトプットできない典型的な症状です。毎日、繰り返し、しつこく、を徹底するようにして下さい。4期での状況を見て色々と考えなければならない人も...います。

 

【中2】

全体的に悪くありません。が、テキストの復習がまだまだ甘い。英語などは授業で扱った(たかだか)4ページ内から(翌日に)単語・連語テストを課していますが、いかに適当に復習しているかが分かります。部活が忙しいというのなら、少ない時間で密度濃く勉強する必要があります。いつもと同じようなペースでやろうとしている時点で、自分か置かれている状況を理解していないのが明白です。来年に無駄な努力をしないよう、気を引き締め直して下さい。もう一段ステップアップするために。