進学塾ジーク ブログ

進学塾ジーク代表による、塾生・保護者の方への連絡(とその他もろもろ)を中心としたブログ

あと2日

いよいよ夏期講習も残すところ、明日・明後日の2日となりました。

エアコンが故障したり、そのために授業スケジュールを変更させて頂いたり、台風が直撃したり...と色々ありましたが、あっという間でした。始まる前は「長っ」と思っていたであろう中3も同じように感じていることでしょう。

私としては「体調不良による長期欠席やリタイヤがなかった」ことに一安心しています。が、受験生は「安心」ではなく「焦り」「不安」を感じる人が多いのではないでしょうか。なにせ、都立一般入試まで6ヶ月を切っているんですから。もしも「夏期講習が終了したことに安心している」としたら...先が思いやられます

 

本日、中3には伝えましたが...「あと6ヶ月」と思っていても、実際に自由になる時間(弱点克服のため、暗記のため、ノートまとめ等々に使う時間)はそんなに多くありません。10月以降は過去問演習(と復習)が勉強の中心となってきますが、その過去問を解くだけでも...

 

●グループ作成校 50分✖5科目✖5年分✖3校分✖2回転=7,500分(125時間)

●共通問題校   50分✖5科目✖7年分✖3回転    =5,250分(87.5時間)

 

...これだけの時間が取られます。これに復習がプラスされるわけですから、もっと時間が取られます。今後180日間、1日5時間を勉強に費やしたとすると900時間、その10%~14%を過去問演習に費やすことが既に決定しているわけです。残された時間で何をすべきなのか、今のペースで進めるべきなのか...各人は一度考える必要があります。少なくとも、全員(特に共通問題希望者)スピードアップするべきだとは思います。

また、長時間勉強することが目的ではないことも再度認識して下さい。ともすれば、長時間勉強したことに満足する人がいますが、違います。インプットした知識・情報をアウトプットできる・使いこなせる、自力で問題を解くことができる(時間内に)...ようにするのが目的です。そのためにも「学んだことを使いこなせる状態なのか」「自力で解くことができるのか(特にミスした問題)」「一度解いた問題は確実に解けるのか」などを、常に自問自答するようにして下さい。少しでも不安を感じたなら、量が少ないということです。何時間勉強したからOKではありません。

 

今、中2・中3はテストを受けている真っ最中。特に中3は今日・明日実施する5科目の点数で(各人の志望校について)合否を出すことにしています。嫌かもしれませんが、これからは「そういう時期」だということです。