読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

進学塾ジーク ブログ

進学塾ジーク代表による、塾生・保護者の方への連絡(とその他もろもろ)を中心としたブログ

夏期講習終了

「夏期講習を受けた」という事実だけに終わらないよう、9月初回授業までに「しつこく」「繰り返し」復習をして下さい。全学年に伝え続けていますが、授業を受けただけで「問題を自力で解ける」ようにはなりません。一人ひとりの復習がすべてです。「一度解いた問題は自力で解けるようにする」ことを忘れないように。

 

 

【中3】

今年最初の合否試験に合格した方、おめでとうございます。その調子で進めて下さい。一方で不合格だった方...何が足りないのか、何をすべきか、を自問自答して下さい。今までの勉強量、勉強の仕方、勉強に対する姿勢のすべてが掛け合わさった結果が今回の数字です。偶然ではありません(芳しくない結果が偶然であれば、成績が上がるのも偶然であり実力とは言えなくなります)。ただ、行動を変えれば結果は変わります。明日以降の行動に期待しています。

全員、夏期講習で扱った問題(テキスト・プリントなど)については必ず「自力で解ける」ようにし、理社も「暗記しつくす」こと(→昨日の合否試験で惨憺たる結果だった共通問題希望者)。

二中・五中は定期試験まで2週間を切っています。また、四中も定期試験まで約2週間です。試験勉強を最優先させて下さい。特に、内申不足の人(余裕のある人などいませんが...)は、今回で大幅アップさせなければなりません。今までと同じ量では同じ結果となるだけです。「量」と「しつこく繰り返す」を徹底して下さい。七中は定期試験まで時間があります。9月初回授業までに「しつこく」復習しておいて下さい(→共通問題希望者)。

 

【小5】

夏期テキスト(算数・理科・社会)をしつこく復習すること。同じ問題を課されてスラスラ解けない(書けない)ことのないようにして下さい。円・おうぎ形・立体...についても同様です。また、小数・分数の計算練習もドリルを用いて毎日実行すること。作文、期待しています。

 

【中1】

(一部を除いて)中だるみとなるのが早すぎます。早くも都立中不合格のときの気持ちを忘れてしまったようです。受検勉強のときの貯金も使い果たしつつあります...ということを講習期間中に伝えましたが、どれだけ響いているのでしょうか。9月から行動が変わらない(戻らない)限りジリ貧になるでしょう。叱られたときだけ深刻な顔をしてもダメなんですよ。

夏期講習で扱った問題について、しっかりと復習しておくこと。同じ問題を課されてスラスラ解けないようではいけません。二中・四中は定期試験勉強を最優先して下さい。七中は個別で課した課題があります。期待しています。

 

【中2】

全体的に悪くありませんし、夏期で覚醒した人もいます(継続されることを期待しています)。ただ、数学についてこられなくなりつつある人が一部います。自分自身で自覚されていると思いますので、勉強量を確保して挽回して下さい(手助けはします)。また、残り半年で受験生ですから、2年分の勉強内容について積み残しがないように各自弱点をしつこく復習して下さい。

 

 

小5・中3の保護者の皆さま、お弁当のご用意などご協力ありがとうございました。