進学塾ジーク ブログ

進学塾ジーク代表による、塾生・保護者の方への連絡(とその他もろもろ)を中心としたブログ

中3生へ 過去問を解く前提として...

10月以降、徐々に過去問演習を進めることになります(数学以外)。現状でも数学以外は実質的に「解ける」状態にあります。しかしながら、まだまだ穴が多いのも事実。ですから、9月中にトータルで復習をしておくことが必要です。

そこで

二中・五中生は...定期試験終了後(つまり本日以降)、5科の復習を再度徹底して下さい。七中生は...今月末からの定期試験勉強期間までに、5科の復習を再度徹底して下さい。四中生は...定期試験勉強に専念して下さい。試験終了後は5科の復習にあたって下さい。

 

【英語】

特に...助動詞、比較、不定詞、受動態、現在完了、分詞、関係代名詞

単語・連語のチェックを日々継続すること(右ページの例文音読・暗記)。グループ作成希望者は3段以降の単語・連語について「(最低限)意味がとれるように」して下さい。

【数学】

特に...一次関数・二次関数(特に図形絡みの問題)、連立方程式二次方程式、図形(作図・立体図形・合同・相似の基本)、平方根

【国語】

今すぐにでも過去問にあたることは可能ですが、「漢字」のチェックを再度徹底して下さい(読み・書きとも)。漢字で点を落としているようでは先がありません。

【社会】

地理・歴史・公民(授業で扱ったところまで)。授業で歴史を扱ったら地理を忘れ、地理をやったら歴史を忘れ...が顕著です。今のうちに全分野トータルで復習しておくこと。

【理科】

全分野。社会同様、コレをやったらアレを忘れ...が目立ちます。ただし、漫然と進めるのではなく「得手不得手の単元でのメリハリ」をつけて進めること。

 

 

基本的に 「本科テキスト・夏期テキスト・プリント(+単語帳・漢字練習帳)」に極力限定して、しつこく繰り返すこと(あまり手を広げ過ぎないこと。そして反復が命)。

想像しているほど時間に余裕はありません。時間を無駄にせず、密度濃く進めて下さい。