進学塾ジーク ブログ

進学塾ジーク代表による、塾生・保護者の方への連絡(とその他もろもろ)を中心としたブログ

2つの管理...のもう一つ

自己管理」において、体調管理とあわせて必要なのが...

 

時間管理

 

…です。中学生、特に受験生で「時間管理」ができない人は、あまり多くを望めません

中3は授業の復習、過去問演習と復習、単語・漢字・計算・用語のチェック...に加えて定期試験勉強(←これは今だけ)もあるわけですから、予定も立てずに勉強を進めれば「アレが終わっていない」「コレができていない」という状況に必ずなります。時間は限られているので、その時間内にこなさなければ「何一つ完了せずに入試を迎えてしまう」ことになります。必ず計画をたてて、決めた時間内で終わらすようにするべきです。

ただし、計画をたてる場合には「その日暮らし」にならないように注意しなければなりません。「その日暮らし」とは、その日やる内容(だけ)を決めて勉強することです。そのような人は全体像が見えていないので、その日勉強する内容・量が「本当に適切なのか」が判断できません。しかも、その日の気分によって勉強内容・量が変化していることにも気づきません。結果的に、入試直前(もしくは入試後)に勉強内容・量が適切でなかったことを悔やむわけです。

 

計画とは「長期→中期→短期」の順でたてることが鉄則です。

★長期計画...入試前日、各科目ごと「どのような状態になっているべきか」を具体的にイメージして書き出す。例えば、すべての年度の過去問について40分ですらすら解ける状態でいる、とか。漠然としたイメージでいえば「こんなに勉強してきたんだから、これで落ちたら仕方ない」と思える状態、ということです。

★中期計画...長期計画を達成するために1月末・12月末までにはそれぞれ「何を」「どれだけ」勉強するべきなのか、を具体的に書き出して下さい。例えば、1月末には過去問2回転終了、12月末には過去問1回転終了...など。こう書くと、過去問だけに囚われる人がいますが、苦手科目は過去問だけやってもダメ。それ以前に「出来ていないことがある」から点数が取れないことを自覚して下さい。人によって苦手科目は違うわけですから、科目ごとに細かく決めていくべきです。

★短期計画...中期計画を達成するために11月末までに「何を」「どれだけ」勉強するべきなのか。そして、それを1週間ごとに落とし込み、それを1日ごとに落とし込んでいくのです。

 

こうすれば、気分で「その日の勉強内容・量が変わる」こともありません。

つまり...最終目標(←長期)を達成するために、2ヶ月後・3ヶ月後までに「何を」「どれだけ」やる必要があるのか(←中期)を明確にし、それを達成するために今月中に「何を」「どれだけ」やる必要があるのかを週ごとに落とし込み、日ごとに落とし込む...のが、計画をたてるということ。

 

大事なのは「大→小」という流れ。大きい目標だけでは具体性に乏しいですし、その日暮らしでは最終目標に到達するか否かは「やってみなければ分からない」ということになります。

 

中3は残り112日。今一度「長期・中期・短期」目標を考えて下さい。

また、中1・中2も他人事ではありません。これを定期試験で実践して下さい。