進学塾ジーク ブログ

進学塾ジーク代表による、塾生・保護者の方への連絡(とその他もろもろ)を中心としたブログ

都立高入試 終了

本日実施された「都立高一般入試」をもって、現中3生の長い(短い)1年が終了したことになります。勿論、3月2日の合格発表が「本当の意味での」受験学年終了ですが、ひとまずは一段落つきました。入試が終了した今、我々にできることは何もありません。祈るだけです。

 

開校して1年半。今年の中3は「1年間通して授業・指導した」初の学年なだけに、感慨もひとしおです。

中3になって順調に偏差値・内申点を上げてきた生徒。中2の時からは考えられないほど驚異的に偏差値・内申点を伸ばした生徒。12月まで一進一退を続け足踏み状態だった偏差値が、最後の最後で大幅にアップした生徒。偏差値が一進一退を続けながら徐々に下がり、一時はどうなるかと思った生徒...様々でした。

個人的には「もっとフォローできることがあったのではないか」と思うことも無きにしも非ずですが、生徒全員が頑張って勉強量を積んでくれた...というのが正直な感想です。日々の授業・春期講習・夏期講習・冬期講習・演習・小テスト・模試...そして、それぞれに対しての復習。やることが多く、要求するレベルも低くない中、全員よく頑張ってくれました。「もう少し早くエンジンがかかれば、ここまで苦労しなかったろうに...」と思う生徒もいましたが、さすがに最後は追い込んでくれました。

 

中3の方々...「やり切った!」と思う人もいれば、「正直、もう少しできたはず」と思う人もいるでしょう。前者の人は「やり切ったことを自信にして」、後者の人は「大学受験で同じ思いをしないよう」高校生活に突入して下さい。その前に、ゆっくりと休んで下さい。本当にお疲れさまでした。

 

最後に...保護者の方々による、様々な面でのご協力には感謝してもしきれません。色々とご心配をお掛けすることも多々ありましたが、誰一人脱落することなく入試を終えられたのも、保護者の方々のご理解・ご協力あってのことです。本当にありがとうございました。