読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

進学塾ジーク ブログ

進学塾ジーク代表による、塾生・保護者の方への連絡(とその他もろもろ)を中心としたブログ

中1生へ 内申点について④

自分が行きたい都立高校に合格するためには、1年生のときから内申点を取りにいく必要があり、そのためには、年5回の定期試験で高得点をあげることが大前提になる...が、前回までの内容。そして、内申点は「定期試験で高得点を取っていればいい」という訳ではない...ということも。

 

定期試験以外の要素の一つが「提出物」。

定期試験前に各教科ごとに「内容」「範囲」「提出日」が指示されますが、これについては...指示された範囲をやって、指示された提出日に提出するように...としか言えません。が、各中学校には必ずや「提出日を守れない生徒」や「提出すらしない生徒」が一定数いるのも事実。そんな人達と同じようにしてはいけません、自殺行為です。なぜなら...やるべき「範囲」や「内容」、はたまた「提出日」まで、丁寧に指示されているにも関わらず、それを守れない...そんな生徒に「3」以上をつける中学校は少ないからです。定期試験で高得点を取ったとしても、「4」以上はもらえないでしょう。

国立・立川・八王子東・国分寺などのグループ作成校(上位校)は勿論、2番手校である武蔵野北・小金井北・調布北・日野台あたりも「オール4」では合格が難しいのが現状です。偏差値だけ上げても内申点がなければそもそも受験すらできません。

なお、提出日が1日でも遅れたら大幅減点になることも忘れないで下さい。定期試験の点数が良かったにも関わらず、内申点が低かった生徒に「提出物」のことを尋ねると、多くは「ちゃんと提出しました」と答えます。が、よくよく聞いてみると「1日遅れ」だったりすることが多いものです。もうこれは、自分で自分の首を絞めているとしか思えません。頑張って高得点を取ったのに内申が上がらない...やる気をなくす...というパターンです。そうなってからでは遅いのです。納期を守る、これだけです

 

そして、最後の要素が「授業態度

ここ10年ほど、小中学校では「授業が成立しない」ケースが散見されます。学校での授業の様子について、中学生からのヒアリングを毎年していましたが、とにかく「授業中に寝る」生徒が多数いることには驚かされます。また、進学塾に通っている生徒からすれば、学校の授業は簡単に思えてしまうのでしょう(塾でやったから大丈夫、という子)。先生の目を見て聞く、ノートをとる...なんて、当たり前のことですが、それを徹底して下さい、としか言えません。とは言っても、中高生は「自分より下のレベルの生徒に引っ張られる」傾向が強く出ます。「まわりがそうしてるし...」という気持ちから、上記の「当たり前のこと」をしなくなるケースが目立ちます。また、一度そうなってしまうと、それを直すのに倍の時間・労力がかかってしまうのです。