読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

進学塾ジーク ブログ

進学塾ジーク代表による、塾生・保護者の方への連絡(とその他もろもろ)を中心としたブログ

合格体験記➂

調布北高校合格 KNさん

 

合格発表で自分の番号を見たとき、最初は「合格した」という実感がわかず、素直に喜ぶことができませんでした。その後、制服・体育着の採寸をしたのですが、そのときに初めて「合格できたんだなぁ」とホッとしたのを覚えています。今まで勉強を頑張ってきてよかったなぁ...と思うと、疲れも吹っ飛びました!

塾では、先生の話がすごく楽しく、勉強しているのが苦になりませんでした。「あぁ...疲れた...」と思ったときに先生が楽しい話をしてくれたので、再びやる気を出すことができたことが何度もありました。また、他塾に負けない仲の良さ、みんなの頑張る姿勢が自分の心の支えになりました。

とにかく、ジークは私を変えてれたところだと思います。入塾してから勉強に対するやる気が出るようになり、成績も良くなりました。また、自習に来る人が多いので「自分もやらなければ」という気持ちになりました。

 

後輩の方々へ...

私は中1・2のとき、あまり勉強していませんでした。そのため、数学の基礎や理科・社会の用語を暗記するのに人一倍時間がかかりました。入試ではすべての学年が出題範囲ですから、今のうちに「できる」ようにしておけば後悔することはありません。頑張ってください!

 

保護者の方から...

中学2年から中学3年になってからの成績の伸びが信じられないほどで、このような結果で受験を終えられるとは夢にも思っていませんでした。本人も想像していなかったと思いますが、今後の自信につながると思います。ありがとうございました。

 

吉原より...

在校生のなかには「中3で頑張れば何とかなる」と思う人も出るような内容ですが、勘違いしてはいけません。この先輩の、中3になってからの勉強量・集中力で敵う人はいないでしょうし、素直さに勝てる人もいないでしょう。それほど、指示されたことを忠実に…いや、それ以上(こちらが100を要求すれば120やる…くらい)にこなしてくれました。ですから、内申点・偏差値とも、私が驚く(今まで見てきたなかでトップを争う)ほど上昇し、入試当日は(本人がどう思っていたかは分かりませんが)かなり余裕を持って臨めたはずです。ギリギリで受けるのか、ある程度の余裕をもって受けるのか…これは大きな違いです。