進学塾ジーク ブログ

進学塾ジーク代表による、塾生・保護者の方への連絡(とその他もろもろ)を中心としたブログ

中1生あるある

GWも終わり、中1もそろそろ学校に慣れてきたことでしょう。

しかし...中1のなかには、そろそろ「疲れ」を感じている人もいるのでは?そうです、中1で注意しなければならないのは「体力」です。

 

その大きな原因は部活です。

部活の中心は(当然ながら)中2・中3。中1から中3にかけての1年間は成長度合いが大きいため、中1と中3の体力差はかなり大きなものとなります。ですから、中1にとっては体力的に厳しいものとなってしまいます。部活が終わって帰宅すると、もうヘトヘト。そんな人が毎年のように出てきます。

そして、そのしわ寄せがどこにくるのかといえば...勉強

定期試験一週間前は部活が休みになりますから、そこで取り戻せばいい...となりがちです。が、しかし。やはり、日々コンスタントに勉強している者には追いつくことができません。百歩譲って追いつけたとしても、コンスタントに勉強する・しない、の差は中3になって顕在化します

それは、学力面以前の「勉強を続ける体力」に差が出る、ということです。

運動をする「体力」と勉強をする「体力」は別物です。部活を引退したら死に物狂いで勉強するぞ!と思っている人も多いと思いますが、多くの生徒がそれでは間に合わないのが実情です。中1・中2のうちから、日々コンスタントに勉強している生徒とそうでない生徒の差は、中3になると驚くほど大きな差になると思っておいた方がいいでしょう。

 

また、体力面とは別の関門として挙げられるのが「人間関係」。

中学に入学すると、新たな人間関係ができるようになります。が、それがストレスの原因なるケースが多々あります。これも、勉強に影響が出てしまうことが多いので注意が必要です。

 

いずれにしても...

中1のみなさんは体力的にヘトヘトになったとしても、そこは踏ん張って、毎日コンスタントに勉強するようにして下さい。毎日勉強するということを身体に覚えさせたらしめたものです。