進学塾ジーク ブログ

進学塾ジーク代表による、塾生・保護者の方への連絡(とその他もろもろ)を中心としたブログ

小6生へ

先日、GW明けテストを実施しました。問題はテキストに記載されているものと同一問題(算数2題・社会1題)です。つまり、2月以降の授業でやったものばかりです。しかしながら、(この時期として)満足できる答案は1名のみでした(保護者の方々は答案のご確認をお願いします)。

 

 

小6のみなさん

あなた方の「勉強してきました」という結果はこの程度です。初見ではない問題(一度解いたことのある問題)すら解けないことをどう考えますか。本当に「すらすら解ける(記述できる)」まで反復しているのですか。それをやらずして「できない」とか「書けない」などと言うべきではありません。また、復習ノートを都度見せにくる生徒もいますが、ノートにまとめたから「自力で解ける(記述できる)」と思ってやいませんか。何度も言っていますが、ノートにまとめたからといって「自力で解ける(記述できる)」わけがありません(復習ノートすら作っていない生徒よりはマシですが...)。

授業では解法・記述方法など...いくらでもお教えします。が、それを「自力で解ける(記述できる)ようにする」のはあなた方自身です。こればかりは、私がやるわけにもいかず、お父さん・お母さんがやるわけにもいかないんですよ。また、入試は(当然ながら)すべてが初見の問題です。一度解いたことのある問題すら解けない(記述できない)人が、初見の問題に太刀打ちできると思いますか。

 

このままでは過去問演習に入れません。そろそろ、受検生としての動きをとって下さい。