進学塾ジーク ブログ

進学塾ジーク代表による、塾生・保護者の方への連絡(とその他もろもろ)を中心としたブログ

中1へ 定期試験が終わって

定期試験を終えて一言。

 

二中・四中は初、三中・東大和一中は2回目の定期試験でしたが、これで全員が定期試験を経験したことになります。結果を見ていかがですか。何を思いますか(ただ単に「悪かったなぁ...」とか「次は頑張ろう」という具体性のないことを考えている人、超危険です)。

あなた方の志望校に相応しい結果は1名のみです。それ以外は志望校と現状のレベル差はかなり大きいと言わざるを得ません。曲がりなりにも「自校作成校」を考えている人は450点以上、サンキタを考えている人は最低でも430点以上が必要です。それ以外の高校だとしても、400点未満では「選択肢が恐ろしく狭まり」ます。が、まだ時間はあります。今やるべきことは、現状を認めることです。必要とする点数と現状との差を認めることは勿論、自分なりに「勉強した!」というレベルが「今回の結果・点数」であることを認めることです。

点数はウソをつきません。80点以下の人は、いくら口で「勉強した」と言っても、現実としてそれは「80点にも満たないレベルの勉強量」だったということです。ここを勘違いしないこと。「たまたま悪かっただけ」「本気を出せば...」とか考えている人は、この先も同じような結果が続きます。また、私が指示した「定期試験の勉強方法・勉強量」以上のことを実行した人がいますか。1名以外は「実行していないはず」です。それで高得点を獲ろう...なんて虫が良すぎますし、たいして勉強していないのに「どうせ勉強しても...」などと考えるのもおかしい。2学期の中間試験では、今回と同じ轍を踏まないよう、今のうちから計画を立てておくこと。また、夏期講習が始まるまでに以下のことを完了させておくこと。

 

①定期試験の解き直し・復習...ノートにまとめて学校の先生にチェックしてもらうこと

②英語・数学のテキストの解き直し・復習、単語は9級までを暗記し直すこと

③理科・社会の復習...用語などはすべて暗記し直すこと

 

 

ちなみに...前回から理科が30点アップした人がいます。その人はワークを「嫌になるくらい反復した」そうです。指示された以上のことをする、とはこういうことです。