進学塾ジーク ブログ

進学塾ジーク代表による、塾生・保護者の方への連絡(とその他もろもろ)を中心としたブログ

残された時間(小6の場合)

受験生に残された時間は、受験生自身が思っているほど多くありません。

例えば小6...

 

入試日までは(今日を除くと)あと143日。平日と土・日では1日あたりの勉強時間は異なるでしょうが、平均して1日あたり4時間勉強できるとすると、あと143×4時間=572時間。

 

過去問は過去8年分あります(武蔵は9年分)。

適性Ⅰ・Ⅱの場合、解くだけで45分×2×8年分=720分=12時間。

同様に、適性Ⅰ・Ⅱ・Ⅲでは、45分×3×8年分=1080分=18時間とられることになります。

また、それぞれについて復習が必要です。それに1時間かけるとすると、適性Ⅰ・Ⅱの場合は1時間×2×8年分=16時間、適性Ⅰ・Ⅱ・Ⅲでは1時間×3×8年分=24時間かかります。

つまり...過去問1冊を1回転するのに、適性Ⅰ・Ⅱでは28時間、適性Ⅰ・Ⅱ・Ⅲでは42時間かかることになります。これを受験までに3回転するわけですから、それぞれ84時間と126時間。それを2冊(2校分)やるので、適性Ⅰ・Ⅱの人は168時間、適性Ⅰ・Ⅱ・Ⅲの人は252時間...これだけの時間がかかることは、すでに今の時点で決まっています。

 

勿論、授業も週3日ありますから、その復習をする時間も必要です。また、自分が弱いと感じている単元の復習も必要でしょう。そう考えると、残された時間が思っている以上に少ないことが分かるはずです。

 

しっかりと計画をたてて、日々の時間をムダにしないよう進めて下さい。