進学塾ジーク ブログ

進学塾ジーク代表による、塾生・保護者の方への連絡(とその他もろもろ)を中心としたブログ

中3 都立高入試まで残35日

いよいよ...中3は来週から入試シーズンがスタートします(来週前半は埼玉私立高入試、後半は都立推薦入試)。

 

自習に来ている生徒を見ると、延々と粛々と勉強量を積み上げているのが分かります。必死さと鬼気迫る雰囲気がひしひしと伝わっていきます(←この時期でそうでなければ『終わり』です)。それを見て「その調子をもっと早めに出してくれれば...」と思うのは毎年のことです。

火曜日の授業では「残り40日でやるべきこと」を配布・指示を出しています。最低限の「やるべき内容・順序・方向性」を明確にしました。どの科目にも共通するのは「手を広げすぎない」ことです。過去問を含め、いままで解いてきた問題を「完璧にする」ことが重要です。図やグラフ・図形を覚えるほど、問題を見て「〇〇年度の問題だ」と言えるくらいやって...反復した、と言えます(目的も定かでなく、ただ指示されたからという理由で問題を解き、丸付けをして...というのは愚の骨頂です。さすがに、現中3にはそんな生徒はいませんが)。

 「300問を1回解く」のではなく「100問を3回解く」

 

 

一方で、いよいよ(ますます)落ち着きもなくなってきました(私じゃないですよ、中3が)。不安が日に日に増してきているようです。とはいえ、不安になる、緊張する...のは当然ですから、みんな正常だということです。よかったですね。「全然緊張してません」という人の方が危険です。自分が緊張しているのを自覚できないくらい緊張しているわけですから。

ただ、不安を持ちすぎたり緊張しすぎるのはよくありません。そこで...不安を少しでもなくすにはどうすべきか。これは、身も蓋もないようですが、勉強量を積むしかありませんここから1ヶ月弱、今までやってきた以上に勉強量を積んで下さい。それが追い込み、というものです。「ここまで勉強して不合格なら仕方ない」と思えるまで勉強量を積むしかありません。

その際に注意すべきは「手を広げ過ぎないこと」と「反復」です。