進学塾ジーク ブログ

進学塾ジーク代表による、塾生・保護者の方への連絡(とその他もろもろ)を中心としたブログ

中3は最後の追い込み

中3はいよいよ...です。

昨日・本日が都立一般入試の出願日、3日後の土曜日(10日)は私立入試...と続きます。都立一般入試までは2週間弱です。ここからが最後の追い込みです。

 

【共通希望者】

各科目ともコンスタントに90点前後が確保できるようになっています。その中でもバラつきが生じがちな国語は、小説文・論説文・融合文ともに今一度「精読」を徹底すること。論説文では指示語に神経を尖らせること。また、設問の正答根拠も常に確認しながら精読を繰り返して下さい。...もちろん、英語・数学も欠かすことのないようにして下さい(1日のブランクでも勘が鈍ります)。

【自校作希望者】

共通希望者とは異なり、英語・数学・国語については80点や90点をとる必要はありません(理科・社会で90点前後を確保することが前提)。だからこそ...特に数学は確実に獲るべき問題を確実に正解していくことが大事です。関数・平面図形・空間図形の時間配分、どれを捨て問にするのか...の判断を間違わないように。また、ケアレスミス(符号や計算ミス)は、さすがに笑えません。命取りになります。もっと神経質になって下さい(字を大きく書くだけで防げる人もいます)。そして...英語・数学とも「時間意識」をより強くして下さい。

【全員】

理科・社会ともコンスタントに90点前後を確保できるようになっています。確実に90点以上確保するには「たったあと1問」というレベルです。特に社会「歴史の並べ替え」と「記述(理社とも)」を重点的に。

 

 

この時期に必要なのは「強い気持ちを持つこと」です。精神論だけで何とかなるわけではありませんが、年明けから「不安な気持ち」によって「心が折れかかっている」人がいます。勉強をしているようでも「落ちたらどうしよう...」と考えてしまうので「手が止まる」。時間をかけているようで、かけた時間ほど身になっていない...というパターン。この時期に不安でない受験生なんていません。あなた方だけじゃないので安心して下さい。ただし、これをすれば不安でなくなる...なんてモノはありません。しいて言えば「絶対に〇〇高校に合格するんだ」という強い気持ちを(意識して)持つことです。