進学塾ジーク ブログ

進学塾ジーク代表による、塾生・保護者の方への連絡(とその他もろもろ)を中心としたブログ

今年の新中3生

昨日の新中2をもって、全学年の新年度授業がスタートしました。

 

特に...新中3は受験まで1年を切っていることを自覚して下さい

 

初回授業からタラタラと入って来る生徒(2名)、どういう了見なのでしょうか。悪い意味で「慣れ」てしまっているのならば「環境を変える」ことも考えなければなりません。彼らは「塾をやめたくない」とは言いますが、それは「環境が変わるのが怖いだけ」の話。このまま、まったく受験に向かう姿勢が見えないまま続けても「結果は見えています」。そんな彼らに共通しているのは...

 

危機感の欠如です。

 

まったく危機感が感じられません。今のままいったら不合格まっしぐら...ということが分からない。自然とやる気になって鬼のように勉強するように(勝手に)なる...と夢のようなことを考えているようですが、そんなことが(時期が来たら)自然と起こるようなことは決してありません。

私としては、早く目を覚ましてくれることを待つのみです。以前も書いたように「やる気は内発的なもの」ですから、極論、こちらが何かをして生徒がやる気になることはありません。あくまでも本人の内側からにじみ出てくるのを待つしかありません...と書くと、生徒本人も待つんですよね(←アホとしか言えません)、そういう生徒は。

 

とっとと受験生になって下さい

 

これを読んで「自分のことではない」と安心した人、そんな他人事で済むとお思いですか。特に男子はほとんどが内申点不足です。今のままでは希望する高校の2~3ランク下の高校を受験することになります。その割にはのんきですね。その意味で、男子は全員「危機意識が欠如」しています。他人事ではありません。