進学塾ジーク ブログ

進学塾ジーク代表による、塾生・保護者の方への連絡(とその他もろもろ)を中心としたブログ

学校の授業を軽視しすぎ

内申点が低い人は(多かれ少なかれ)学校の授業を軽視しすぎです。

もっといえば、学校の授業をバカにしすぎです。

大抵の人は否定するでしょうが、事実です。

 

塾に通っている生徒がしがちなこと、それは「そんなの塾で既にやったもんね」という態度で授業に臨むことです。こういうのは「滲み出る」ものですから、本人達にはそんな気がなくても「態度に出てしまう」んですね。特に英語・数学なんか顕著でしょうね。その証拠に予習・復習なんてしていないはずです。それでも定期試験では高得点が取れているから問題なし...と思うのが大間違い。通知表の観点別評価(意欲・関心・態度)がAだったとしても、です。「5」にならない原因の1つがこの点にあることは間違いありません。ちなみに、定期試験で英語・数学が90点にものらないようでは...通塾している意味がありませんし、塾と学校の双方で学んだ結果ということを考えると...到底理解できません(そんなレベルでサンキタ以上の高校を希望しないこと)。

 

学校の予習・復習なんて、

言われなくてもするものです

...って今さらこんなことを言わせないで下さい。

 

理科・社会で90点にすらいかない人、予習・復習もせずに「試験前だけの勉強」で何ともならないことくらい、そろそろ気づいたら如何ですか?同じような行動を続けていれば、同じような結果が続くのは当たり前ですよ?点数を伸ばしたいのに行動を変えないなんて...理解に苦しみます(理科・社会で70点とか60点とか...理解できません。それで「サンキタ!ブンジ!」って...恥ずかしくないですか?)。

 

予習・復習を実行したうえで試験勉強するから

高得点が取れるんですよ

...って今さらこんなことを言わせないで下さい。

 

もしも...復習する時間がなければ、復習する必要がないように「授業時間内ですべて理解・覚えきる」ようにすること(←私は実際にやってました)。ま、それでも100%は無理でしょうから復習が必要になりますが、それでも短時間で済むはずです。いずれにしても、英語・数学は塾で先に学ぶものが多いはずですから、短時間で。国語・理科・社会は厚めに(復習よりも予習に力を入れ、それ以上に授業に力を入れる)...で。

 

学校の先生もプロですから、いくら真面目そうに授業を受けていたとしても「予習・復習をしているか否か」くらい分かりますよ。それに気づいていない人、愚かです。