進学塾ジーク ブログ

進学塾ジーク代表による、塾生・保護者の方への連絡(とその他もろもろ)を中心としたブログ

点数が伸びないのは必然

勉強しても成績が上がらないときはあります。しかし、勉強せずに成績が上がることはまずありません(勉強しても成績が伸びないのは他に原因があります。それは別の機会で)。

 

ですから...

成績が上がらない、点数が伸びない、目標としている偏差値に届かない...そんなとき「あんなに勉強したのに」と安易に思わないことが大事(勉強してこなかったのなら論外)。

勿論、傍目から見て「あんなに勉強したのに」というケースもありますが、それは第三者が判断することであって、本人がそう言ってしまってはいけません。なぜなら、それ以上勉強しようと思わなくなるからです。

今までの経験上、点数が伸びない・偏差値が届かない原因のほとんどが「勉強量・反復不足」です。本人たちは「あんなにやったのに」と思うのでしょうが、実際はそう大層な量をこなしたわけではありません。つまり、本人たちが「あんな(大量)に」と考えているレベルが、実際には周りの(自分と同じ志望校を考えている)生徒たちのレベルには達していない...ということ。そこをまず認めない限り先には進めません。「やっている!」と自負している者がそれ以上やるとは思えません。だって「やってる」んですから。「まだまだ足りていない」ことを受け入れないと行動は変わりません点数・偏差値を見て落ち込んだり反省するのは結構ですが、それを引きづってはいけません。嫌でしょうが現実を受けれること。そして「まだまだ足りていない」と認めることです。

 

そして、あわせて「結果分析」をする必要があります。単に「ケアレスミスが多かった」で済ます人は、なかなか点数は伸びませんケアレスミスを「実力の無さ」と考え、なぜそんな答えを書いたのか...原因を追究していく人が伸びます(曖昧に覚えていたのか、勘違いして覚えていたのか、はたまた全然覚えていなかったのか...など)。また、答えすら書けなかった問題を「分からなかった」で済ます人がいますが、こういう人も伸びません。問題の意味が分からなかったのか、何を問われているのかが分からなかったのか(勘違いしていたのか)、途中まで出来たけど答えに至らなかったのか、手掛かりすらもつかめなかったのか...で、その後の勉強内容は変わるはずです。

テスト・模試ごとに、このようなことを繰り返すことで成績が伸びていきます。ですから、テスト・模試の復習(からの自分なりの勉強)をしないということは、成績が伸びることを自ら拒否しているのと同じこと。

 

1回や2回失敗してもいいんです。最後に笑えればいいんですから。大事なのは、同じようなミスを繰り返さないこと。そのためには、上記内容を自分から実行する以外ありません。