進学塾ジーク ブログ

進学塾ジーク代表による、塾生・保護者の方への連絡(とその他もろもろ)を中心としたブログ

高校受験と保護者

中学受験はある程度、保護者が関与しなければならないと思いますが、高校受験では極力「保護者は生徒へ口出ししない」ことをお願いしています。

 

受験する高校も、基本的に本人が決めなければなりません(ただし、保護者の方々に理解してもらう必要はあります)。ここで、保護者に「ココはダメ」とか「ココにして」とか言われて決めているような生徒は「我がこと」として取り組みません。まさしく他人事です。ましてや不合格になろうものなら、「お母さんが受けろって言ったんだろ」と真っ先に保護者のせいにします。つまり他責傾向を持つようになります。ここで「自分で決める」経験をしなければ、大学も自分で決められなくなります。就職も然りです。「自分で決める」とは、その結果に責任を持つことでもあります。ですから、結構怖かったりします。しかし、それを経験するからこそ成長していきます

 

「なんでこんな成績しかとれないの!」とか「もっと内申上げて!」と言うのも逆効果です。成績を上げるのは「自分が進みたい高校に合格するため」ですが、このようなことを言われると、それが「親に言われないため」と目的が変わってしまいます。さらに、ご家庭で親から批判を受ける頻度が高い生徒は、口では「嫌だなぁ」と言いつつも「言われることを待つ」ようになることが多い...こともつけ加えておきます。つまり、カタチを変えた「構ってちゃん」になってしまいます。保護者の方々の言葉が、悪い意味で本人達を庇護してしまうことになるわけです。

 

保護者の方々が不安であることは重々承知しています。が、子供達は本当によく見ています。保護者の方々の不安が過度に表出すると、本人達も不安になってしまいます(そして勉強が手につかなくなる)。保護者の方々には「受験生だから」と特別扱い(過度に心配する、成績のことをとやかく言う...)することなく、普段通りに過ごして頂ければ、と思います。保護者の方が前のめりになるほど、生徒達は引いていく...ことをお忘れなく。