進学塾ジーク ブログ

進学塾ジーク代表による、塾生・保護者の方への連絡(とその他もろもろ)を中心としたブログ

試験前なんだから

今週、多くの中学生は(試験1週間前につき)部活が休みになります(とはいっても、大会前だからという理由で部活が休みにならない生徒もいますが...こういう、試験2、3日前に試合がある大会のスケジューリング、なんとかできないんですかね?)。

さて...こういう部活がない期間は、勉強量を極限まで確保しなければなりません。試験がいつから始まるのか分かっているわけですから、この期間に「自発的」に「勉強量を確保する」のは普通です。少なくとも「夕食前2時間、夕食後3時間」の計5時間(←最低限、の話)程度の勉強ができないようでは話にならない...なのに、勉強時間や量が変わらない生徒がまれに存在します。それでいて「点数が上がらない」とか「時間がなくて(?)ワークが終わりませんでした」などと言うわけですから、ホント意味不明です。

試験前に許す限りの時間を(有効的に)使って「やるべきことをやりきる」ことは当然です。定期試験ごときで追い込みをかけられない生徒は、入試直前に追い込みをかけることは不可能です(受験生なんだから可能だろう、と思うのは間違い。大抵は失速するか、潰れてしまいます)。それこそ、学校・睡眠・食事・風呂・トイレ以外の時間はすべて勉強に充てるべきです。

また、気を付けてほしいのは...日々、勉強しない科目がないようにすること、です。例えば、今日は社会と技術・家庭、明日は理科と英語...のように1日2科目程度しか勉強しないというのは賢いやり方とはいえないメインとなる科目を決めて勉強するのは構いませんが、前日・前々日に勉強した内容が「本当に自分のモノになっているか」のチェックはするべきです。チェック(自分で自分にテストする、再度解いてみる...など)ですからそんなに時間はかからないはずです。これをしないと、平気で3~4日その科目に触れないことになります。そんなことでは効果半減、勉強したことがムダになります。

勉強したら翌日チェックする...のは基本中の基本