進学塾ジーク ブログ

進学塾ジーク代表による、塾生・保護者の方への連絡(とその他もろもろ)を中心としたブログ

【中3】期末終了後の1ヶ月間

中3は期末試験が終了してから(夏期講習が始まるまで)の1ヶ月間が一つの山場になります。

期末も終わったし7月末からは夏期講習で大変になるから、ちょっとくらいのんびりしよー...なんて考えている場合ではありません。なぜなら、ここからの1ヶ月間の過ごし方が「夏期講習の成果」に大きく影響するためです。

 

中3には伝えていますが...この時期定番の(塾の)宣伝文句「夏を制する者は~」を真に受けてはいけません。それは、あくまでも「夏期講習までに土台をつくってきた者だけ」の話。つまり、夏を制すことができるか否かは夏期講習前の勉強量にかかっている、ということです。

中3の夏期講習は(どこの塾も)それなりの授業数をこなします。当塾であれば、1日7時間×27日間=189時間の授業を夏期講習で行います。通常月が1日2.5時間×3日×4週の月30時間ですから、ざっと6ヶ月分の授業時間数になります。これだけの授業をうけていると、たとえ中身が伴っていなくても「こんなに勉強した」「そんな自分ってすごい」となってしまうのです。そうならないために、つまり、中身が伴った「意味のある夏期講習」にするために、夏期講習前の過ごし方が超重要だということ。しっかりと勉強量を確保すること。

 

具体的な指示は29日の授業時にします。

中3は指示される課題を「やりきった」うえで夏期講習に入るようにして下さい。