進学塾ジーク ブログ

進学塾ジーク代表による、塾生・保護者の方への連絡(とその他もろもろ)を中心としたブログ

塾に入っているから

毎年、事あるごとに言い続ていることがあります。

それは...

塾に通ったからといって成績が上がるわけではない

...ということ。

 

塾に通わなくても志望校に合格する生徒もいれば、塾に通っても不合格になる生徒もいます。これ、頭では分かっているのでしょうが、どうしても身体では分かっていない生徒がいるようです。現時点でも、そういう生徒が各学年で1~2名は確実に存在します

週2~3回の「授業を受けるだけ」で成績が上がり、志望校に合格する...なんて旨い話はありません(←あくまでも、自校作成校のような生徒達が考えている志望校には、という話。「今の成績で合格するレベルの高校ならどこでもいいでーす」というような人は無理して塾に通う必要はないでしょうから、そのような人はこの話の対象外となります)。

覚えるべきモノを覚えない、即答できるまで反復しない、すらすら解けるようになるまで繰り返さない...けども、とりあえず授業には出る。それに何の意味があるのか?あるとすれば安心感、要は「自分は塾に通っているから大丈夫(なんとかなる)」という安心感だけ、です。

百歩譲って、安心感を得るために塾に通っても構いませんが(でも、ウチ以外の塾にしてね)、目の前の安心感を選ぶのならば、自分が進学したい高校に行くという選択肢は諦めることです。世の中すべて「トレードオフの関係」です。何かを得たいのならば、何かを犠牲にしなければなりません。それを覚悟して「目の前の安心感」を選んでいるのならば結構です(繰り返しますが、ウチ以外の塾でね)。

 

繰り返します。

塾は「目の前の安心感」を得る場所ではありません

塾に通うだけでは成績は上がりません、志望校にも合格しません

授業以外でどれだけ勉強量・反復量をかせぐか、です