進学塾ジーク ブログ

進学塾ジーク代表による、塾生・保護者の方への連絡(とその他もろもろ)を中心としたブログ

中3 内申点について

中3の内申点が出揃いました。

換算内申で+10となった生徒がいる一方、下げてしまった生徒もいます。

さて...

生徒達は自分が「どこまで内申点を確保するべきか」が分かっています。「自分は最低でも換算内申で60が必要」というように即答できないようでは...お先真っ暗ですし、志望校についても「口先だけ」で「受かったらいいなぁ」程度のはずなので、この先も成績(内申点・偏差値とも)は大して上がらないでしょう。

そんななか...

現時点で、志望校に対して必要な内申点の最低ラインをクリアしている生徒は、気持ち的にかなり余裕を持てるはずです。勿論、今よりも+1、+2...となるに従って、入試本番で確保すべき点数に余裕が生まれますから、可能な限り上げにいって下さい。

現時点で、志望校に対して必要な内申点に足りていない生徒は、2学期に「どの科目」の内申点を上げるのか、そのために中間試験・期末試験で「何点」とるのか、そのために「いつ」「何を」「どれくらいの量」こなすべきなのか、試験以外(授業態度・提出物)では「何を」「どう」改善するのか...を自分で考える必要があります。私からの指示を待っているようではダメです。相談はいくらでものります。いずれヒアリングしたうえで指示を出しますが、その時点で考えだしているようでは...

 

大事なのは...

自分で考えること

危機感を持つこと(「何とかなる」と思っている人が多すぎます)

指示されたこと、やると決めたこと...をすぐ行動に移すこと

 ...です。

 

夏期講習期間中はやるべきことが多いだけに、スピード感と時間感覚をもって進めて下さい。そうしないと、上記(内申のこと)についてまったく考えられなくなります。