進学塾ジーク ブログ

進学塾ジーク代表による、塾生・保護者の方への連絡(とその他もろもろ)を中心としたブログ

夏期も半分以上消化

昨日で夏期講習も4期が終了。すでに半分以上を消化してしまいました。

始まる前は長いと思っていたかもしれませんが、2学期が始まるまでそんなに時間は残されていません。そして、何度も言っているように、秋以降にここまで「まとまった時間」を確保できる機会はありません。夏に消化すべきこと、夏に自分のモノにすべきことは確実に消化して自分のモノとすること。そのためだけに時間と労力をかけること。

中3では、夏期に入ってからというもの、明らかに行動が変わってきた生徒がいます。そのような生徒は遅かれ早かれ「数字」で結果を実感できるようになるはずです。その一方、周囲の生徒以上にやらなければならない立場にも関わらず、大して行動が変わらない生徒もいます。口では「志望校は〇〇高校です」と言っていますが、それ相応の行動がとれいていません。口だけ受験生ということです。そのような生徒は「覚悟ができていない」のが共通点です。なんとか適当にこなして、首尾よく偏差値が上がれば...と思っています。ですから、覚悟を決めた(腹を決めた)生徒との差は歴然です。態度・目力・反応・解くスピード・小テストの精度…すべてにおいて差が広がる一方です。すぐにでも「覚悟を決めて」取り組まなければ手遅れになります。

 

さて...今日から3日間は休校ですが、小6・中3はこの3日間の使い方が重要です。1期~4期にやった内容を「自分のモノ」にして5期を迎えなければなりません。単に覚える...とかいう問題ではなく、いついかなる時でも使いこなせるようにしなければなりません。それは授業を受ければ自動的にそうなるものではありません。自分で量をこなして反復して「自分のモノ」にするんです。そのための時間だと思って下さい。遅れ気味の人は、ここで挽回しないとずるずるいってしまいます。全員、しっかりと「自分のモノ」にしたうえで5期を迎えて下さい。