進学塾ジーク ブログ

進学塾ジーク代表による、塾生・保護者の方への連絡(とその他もろもろ)を中心としたブログ

夏期講習終了

昨日をもって夏期講習が終了しました。

特に想定外の事故や病欠者が出ることなく、授業を休まざるを得ない事態になることもなく(いつだったか、この暑い時期に空調機器が故障した年がありましたが…)無事に終了することができました(一番の心配は私が毎朝早く起きることができるか、という一点でした)。ただし、本当の意味で無事に終了したかどうかは、生徒達(特に受験生)が授業で学んだことを「自分のモノ」にするか否かにかかっています。

中3は覚えるべきことが多いですから、ここで再度「使いこなせる(=いかなるタイミングで問われても早く正確に答えられる)」ようにしなければなりません。毎日のように確認テストをしましたが、テストを受けたら終了…ではありません。数学も然り。一度や二度解けたからOKではありません。英語も然り。長文読解の音読・精読がまだまだ足りません(昨日の合格判定テストを見れば分かるでしょ?)。31日の授業までの過ごし方で「意味ある」講習だったかどうかが決まります。特に共通希望者はここで追いついておかないと先がありませんよ。

小6は9月最初の授業で「7月・8月に扱った問題と同一問題でのテスト」をします。過去数回、同様のテストを行いましたが(まったく同じ問題であるのに)満点が取れません。どうも「これだけやったから大丈夫」というラインが低すぎるように思います。「これで大丈夫」と思って満点が取れていないのだから、まさか、今まで同じような準備(反復回数)で臨まないですよね?その点、よく考えて下さい。

受験生のことばかり言っていますが、中1・2も同様です。夏期講習でやった内容は両学年ともかなーり大事なところです。特に中1(の半数)は今までのようなことがないようにして下さい(きれいさっぱり忘れた状態で戻ってくるな、ということ)。また、理科・社会のプリント。隅から隅まで、ですから。

中1~3は9月初回授業までの課題を(公式ツールで)既に指示しています 。しっかりとお願いします。

 

最後に…小6・中3の保護者の方々。毎日の弁当・食事など…ご協力ありがとうございました。本人たちは(もしかしたら)当然のことのように考えているかもしれませんが、保護者の方々のご協力なしには講習を終えることができなかったと思っております。本当にありがとうございました。