進学塾ジーク ブログ

進学塾ジーク代表による、塾生・保護者の方への連絡(とその他もろもろ)を中心としたブログ

志望校

中3はもとより、中1・2も志望校が明確な生徒ほど成績が伸びていきます

ただし、条件があります。それは「〇〇高校に入学する!」という決意です。「志望校が決まっているのに伸びない、行動が変わり映えしない」という場合は十中八九「〇〇高校に入れたらいいなぁ」とか「何とかなるし」と思っています。つまり、決意には程遠い状態ということ。ちなみに...「何とかなるし」というのは「(誰かが)何とかしてくれる」という他力本願がほとんどであることもつけ加えておきます。

 

一番マズいのは...志望校が決まっていない生徒

「ここまで偏差値が上がったら〇〇高校にします」とか「高校のことよく分からないし」とか言っている生徒です。このような生徒は成績が上がったためしがありません。まがりなりにも目標があり、それにキャッチアップしようとすることで成績が上がるわけですから、前者の場合はそもそも順序が逆です。後者は...分からないのなら「自分で調べる」のが普通でしょ?そんなことすらせず、とりあえず塾に来ててもムダですよ。高校に進学するのは(親ではなく)自分なんだから、自分で調べればいいだけのこと。成績が上がる・上がらない以前の問題です。

 

その次にマズいのは...自分で決めない生徒

何でもかんでも親任せ。高校に行くのは自分なのに親に決めてもらう。それでいて不合格になったら親のせいにする。首尾よく合格しても、少しでも気に入らないところがあったら親のせい...結局のところ、自分で責任を取りなくないだけ自分で決めるということは自分で責任を負うということ。社会に出たら、自分の責任のもとで仕事をすることばかり(逆に言えば、それができない者はいつまで経ってもうだつが上がりません)。その第一歩なのに...それを回避するとは...成績が上がる・上がらない以前の問題。

 

さらにマズいのは...志望校を決めさえすればOKと思っている生徒

志望校が決まっても、それを口にしているだけでは合格しませんそれに見合う行動をとる必要があります。言行不一致な生徒はいつまで経っても兆しすら見えてきません。それこそ、志望校が決まれば自然と成績が上がってくると信じているかのようです。そんな旨い話はありません。範囲が決まっている確認テストや小テストすら満点でないのに、なぜ初見の入試問題を解けると思うのか...理解に苦しみます。言うなれば「危機感ゼロ」というわけです。内申点も偏差値も足りないのに「なんとかなる」と思えるその神経がすごい。やるべきことをやらなければなんともなりません。「やってるんですけど満点が取れません」という人もいますが、範囲も正解も分かっているテストでなぜ「満点が取れるほどやっていない」ということを認めないのか軽々と解いている・暗記しているように見える人も、そうなるまでに「あなたの何十倍もやってきた」から今の状態になっているんですよ。最初から出来る人はそうそういません。志望校があるのならば、その高校のレベルに見合うように行動することが先決です。