進学塾ジーク ブログ

進学塾ジーク代表による、勉強や受験にまつわるブログ

夏期講習も半分終了…

夏期講習も本日で2期が終了...

ということは、夏期講習が半分終了してしまうことを意味します。

 

中3は連日かなりの量の勉強をしています。必然的に、理解すべきこと・覚えるべきこと・自力で解けるようにすること...が倍々ゲームのように日々増えていきます。それをこなし、休校日には前期・前々期に勉強したことが自分のモノになっているか(忘れてしまっていないか)をチェックし、なおかつ、単語・漢字・英文の音読&精読など(授業では扱わないが日々継続すべきモノ)をコツコツこなすことが求められます。

生徒達の志望校から考えて「やるべきこと」を指示しているわけですから、それを「時間がない」「量が多すぎる」などと何だかんだ言い訳をしているようなら、今すぐ志望校を変えるべきです。毎日のように実施される小テストについても、もっと執着心を持つ必要があります。「こんなにやることが多いんだから、1問や2問くらいの間違えなら上出来だ」と考えているようでは先行きは暗い...としか言えません。

 

今日勉強したことは、明日の授業開始までに完璧にする。

日々継続すべきモノ(単語・漢字・音読&精読など)について手を抜かない。

つまり、授業の復習「だけ」で手一杯になっている場合ではない。

小テスト「満点」に執着すること。

 

中3だけではありません。小5・中1・中2についても同様です。

この3学年は非受験学年だけに、特に「前日の内容を翌日までに完璧にする」ことがまだまだです。しっかりして下さい。そのままの状態で受験学年になったら地獄を見ますよ(念のため言っておきますが、受験生になったら即行動が変わる...なんてことはあり得ません)。