進学塾ジーク ブログ

進学塾ジーク代表による、勉強や受験にまつわるブログ

小6の作文・記述

ほとんど触れることがない小6。

 作文・記述が弱い今年の小6。

足りない点は色々ありますが、作文の書き直しについて一言。

 

赤入れされたり口頭で指摘されたりした点だけを「書き直せばOK」と思ってやいませんか。何十回(いや何百回)も指摘していますが、どーしても(そこまで)考えて書き直しているとは思えない作文が目立ちます。

「なぜ」そのように書き直すのか、「なぜ」その点を指摘されたのか…をよーく考えなければなりません。すぐには答えが出ないことも多いでしょうが、考えるということはそういうことです。ですから、考えるということは面倒なものです。しかし、その面倒さから逃げてきたから今のレベルに落ち着いてるわけです。作文は正解が一つではないだけに、考えて書いているのかそうでないのか…というのが文章に滲み出ます。なぜ、なぜ、なぜ…と考えるクセが足りません。そこをもっと追及し続ければ、自分の考えやその根拠が一段階も二段階も上がります。

 

残された時間は半年しかありません。なぜ、なぜ、なぜ...頭が痛くなるほど考え続けて下さい。